日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『Iターン』が描いた労働者の悲哀

『Iターン』第9話、ムロツヨシと黒木瞳が体現する社畜と自営業の悲哀

テレビ東京『Iターン』

 9月6日に放送された『Iターン』(テレビ東京系)の第9話。今回、狛江光雄(ムロツヨシ)が体現したのは社畜のつらさ、麗香(黒木瞳)が表現したのはひとりで生きる者(自営業者)のつらさだったように思う。

第9話あらすじ 田中圭と黒木瞳の罠にはまるムロツヨシ

 岩切猛(古田新太)の強引な手段で、青葉銀行の広告をすべて受注することになった狛江。しかし、脅迫という非合法な手段で獲得した仕事なだけに、狛江は喜べずにいた。

 その後、狛江が岩切組に向かうと、岩切(古田新太)らは中国人との取引に向かう模様。狛江は罪悪感に苛まれながら竜崎組の竜崎剣司(田中圭)に電話し、今夜取引が行われると報告した。

 岩切組事務所で、内職の折り鶴を作りながら狛江が当番をしていると、スナック来夢来都のママ・麗香から「店で酔った客が暴れているからすぐ来てほしい」と連絡が入った。狛江と桜井勇一(毎熊克哉)は店に直行。到着すると、店内にはフリーランスを名乗る見覚えのない男がひとり立っていた。さらに振り返ると、竜崎組の神野晃(般若)が拳銃をこちらに向けている。呼び出しは竜崎組と麗華が結託した罠だったのだ。

 隙を見て桜井は神野に飛びつき、狛江を除く3人が揉み合いに。そんな中、拳銃が暴発し、フリーランスの男が腹部からおびただしい血を流して悶え出した。桜井は神野を足止めしながら、狛江に岩切へ連絡するよう指示。岩切が店に駆けつけると、そこに桜井はおらず、竜崎が岩切を待ち構えていた。竜崎は「桜井を返してほしければ、警察に中国人との取引について自供しろ」と迫る。岩切は店の外に待機していた刑事の城島豊(河原雅彦)に自首をした。

 翌日、宣告社の阿修羅支店で、上司の高峰博之(相島一之)と狛江らによるテレビ会議が行われる。そこで高峰は、阿修羅支店の社員らには残業代もボーナスも支払われないことを通告。狛江の部下・柳直樹(渡辺大知)と吉村美月(鈴木愛理)は絶望した。

 一方、竜崎組の事務所には外国人極道の姿が。この男は竜崎に「これでこの街は俺たち2人のものだ、兄弟」と言葉を掛けた。その頃、岩切は鉄格子の中で隅から隅まで新聞に目を通していた。

123
こんな記事も読まれています

『Iターン』第9話、ムロツヨシと黒木瞳が体現する社畜と自営業の悲哀のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

キンプリ平野の「今後の不安」

 今回取り上げるのは、King & ...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(3)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真