日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 安藤美姫、「悲しい気持ちになった」SNSへの誹謗中傷に対する心境吐露で大反響

安藤美姫、「悲しい気持ちになった」SNSへの誹謗中傷に対する心境吐露で大反響

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

安藤美姫

 元フィギュアスケート選手の安藤美姫が10日深夜、自身のツイッターを更新した。

 安藤といえば最近、すっぴんも披露しているメイク動画に対して「めちゃんこ素顔が綺麗ですね」「化粧しなくてもメチャ可愛いな」といった声が多く寄せらたばかり。

 そんな安藤はこの日、「ちょっと悲しい気持ちになった…残念な気持ちになった…私の思い…長くて書ききれないので興味がある方は添付見てください…」と前置きし、メッセージが書き込まれた2点の画像を添付した。

 安藤は「ちょっとだけ言わせて下さい。別に自分の事可愛いとか美人とか思ってないし凄いとか特別とかも思っていない たまにコメント欄にいちいちネガティブなコメントしてきたり悪口書いてくる人いるけどなんで?“ぶす“とか“キモい”とか誰に需要あるの?とか(中略)自分が言われて嫌な事は人にしないって親にならわなかったのかな?」などと、SNSへの誹謗中傷に対する心境を吐露した。

 この内容に対し、ツイッター上では「どうか悲しまないで。そんなこと書く人は残念な人」「人を見下して優越感に浸りたいだけなんだよ。ミキティを応援しています!」「妬みだよ。放っておこう!頑張れ美姫ちゃん!」といった励ましの声が多く寄せられている。

「同じフィギュアスケートの浅田真央が国民的ヒロインになったのとは対称的に、安藤は不幸にもヒールのイメージがつきまとっています。コーチや男子選手らと浮き名を流した自由奔放な生き方が、フィギュアスケートの女性ファンから反感を買ったのが大きな一因ですが、いまだに安藤のSNSにも粘着しているようで、本人も我慢の限界に達したのでしょう」(週刊誌記者)

 こうした誹謗中傷に対して、「別に気にしてないけど」とも語った安藤。「悲しい気持ちになった」と言いながら、そんな強気を見せるところが嫌われる?

最終更新:2019/09/12 17:50
関連キーワード

安藤美姫、「悲しい気持ちになった」SNSへの誹謗中傷に対する心境吐露で大反響のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

アンタッチャブル柴田が語る漫才

 お笑い第7世代と呼ばれる若手芸人たちが次々と登場する今、「ブレイク前夜」の闇の中に...
写真