日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 元SMAP勢の評価が低いワケ

香取慎吾、イベントでドン引きの大スベリ! テレビ業界で元SMAP勢の評価が低いワケ

香取慎吾

 ジョークのキレも鈍ってしまっているようだ。

 9月17日、元SMAPの香取慎吾が東京・東銀座の時事通信ホールでイメージキャラクターを務める大手コンビニチェーン・ファミリーマートのクリスマスキャンペーン『ファミクリをヨヤクリ!クリスマスイベント』の発表会見に出席した。そんななか、報道陣が硬直する一幕があったという。

「サンタクロースのコスプレ姿で登場した香取に、クリスマスの過ごし方について質問が飛びました。すると彼は、『家で子どもと奥さんと一緒に過ごしたいと思います』とコメント。独身の香取としてはここで笑いを取ろうとしたのでしょうが、実は妻子がいるとのカミングアウトに受け取った報道陣も多く、会場は微妙な空気に。これには香取も苦笑するしかありませんでした」(スポーツ紙記者)

 香取といえば、8月28日に情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)に生出演。国際パラリンピック委員会の特別親善大使として2020年に開幕が迫っているパラリンピックの魅力を伝えた。久々のテレビ生出演とあって、話題こそ集めたが、テレビ業界の評価はことのほか低いという。

「香取が出演した時間帯の平均視聴率は9.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)でした。『スッキリ』の視聴率はだいたい6~7%が平常運転ですから、視聴率アップには貢献したといってもいいでしょうね。ただし、制作側の感覚は違っていて、久々の生出演という話題性があったにも関わらず、『2ケタに行かなかった』というのがスタッフの反応です。1ケタ台というのは、もし香取が週1で必ず出てくるなんてことになったら、それこそすぐに数字は落ち着いてしまう数字ですからね」(制作会社スタッフ)

 現在は、ジャニーズ事務所が公正取引委員会から独禁法違反につながる恐れがあると注意されたことから、香取・稲垣吾郎、草なぎ剛の元SMAP3人のテレビ出演についても潮目が変わったと言われているが……。

「マツコ・デラックスが『週刊文春』(文藝春秋)で『あの3人はSMAPにいたからこそチヤホヤされていたんだから』などといって騒動になりましたが、この調子ではその通りといわれても仕方がない状況です」(前出・制作会社スタッフ)

 イベントでスベっているようでは、地上波復帰の道は険しそうだ。

最終更新:2019/09/19 12:00
こんな記事も読まれています

香取慎吾、イベントでドン引きの大スベリ! テレビ業界で元SMAP勢の評価が低いワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

WWEレスラーの自伝映画

 プロレス好きなら見逃せない、最高にご機嫌...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法「当選権利は対象?」

 6月に施行され、東京オリンピックのチケットも関係する「チケット転売規制法」。弁護士...
写真