日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 『宮本から君へ』劇場版の熱量
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.549

よくあるTVドラマの劇場版と思うと火傷する!!  池松壮亮と蒼井優が異常に熱い『宮本から君へ』

文=長野辰次

尋常ではなかった劇場版までの道のり

飲み会の帰り、宮本と靖子は元ラグビー選手の拓馬(一ノ瀬)にアパートまで送ってもらうが……。

 テレビシリーズ(全12話)の終了から1年3カ月を経ての公開となった、劇場映画『宮本から君へ』。テレビシリーズ終了後に制作体制が変わるなど、劇場版までの道のりは尋常ではなく大変だったようだ。だが、そんな舞台裏の苦労をまるで感じさせないほど、池松はドラマを遥かに上回る狂気性をはらんだ熱気を放ち、そして蒼井ががっちりとその熱さを受け止めてみせる。この2人が主演したからこそ成立した映画だと言っていい。

 原作を読んでいる人なら「よくR15で映画化できたな」と思うだろう。映画の序盤、靖子の元彼・裕二(井浦新)を部屋から追い出し、ようやく結ばれる靖子と宮本。だが、恋人として過ごす時間は束の間だった。2人の前には、あまりにも大きな試練が待ち構えていた。宮本の取引き先の会社の真淵敬三(ピエール瀧)との飲み会で、宮本は痛飲。飲み会に参加していた靖子と一緒に宮本は、敬三の息子で大学ラグビーのスター選手だった拓馬(一ノ瀬ワタル)にアパートまで送ってもらう。事件はその夜に起きた。宮本が泥酔して眠っている間、靖子は拓馬から暴行を受ける。翌朝、目が覚めた宮本は地獄に突き落とされた気分だった。いや、靖子は宮本とは比べものにならない苦痛を強いられていた。

 最高の理解者と巡り合えた喜びを噛み締めていた宮本と靖子だったが、この事件以降は顔を合わせる度に傷つけ合うことになる。しかも、靖子は妊娠していることが分かる。この後の展開をストーリーだけを追っていくと、自分の愛する女を、そして男のプライドを踏みにじられたら宮本が体格で圧倒的に上回る拓馬へのリベンジを挑む――という流れとなる。だが、リベンジを果たせば、靖子の心の傷は癒やせるのか。2人は元の関係に戻れるのか。現実的にそれは絶対にありえない。映画『宮本から君へ』が描こうとしているのは、決して復讐の物語ではない。その先にあるものを宮本と靖子は掴もうとする。

123

よくあるTVドラマの劇場版と思うと火傷する!!  池松壮亮と蒼井優が異常に熱い『宮本から君へ』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

小津安二郎「子が親を何度もビンタする」名シーン

 こんばんは、宮下かな子です。  最近、脚の...…
写真
インタビュー

瞑想ブームに見る仏教と科学の関係史

 「マインドフルネスをビジネスに活かす」「瞑想で健康になる」といった言葉が当然に...
写真