日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 漫画家・新井英樹が独自世界観を語る
映画『愛しのアイリーン』公開記念インタビュー

苦労して築き上げた世界を一瞬で壊すのが快感!! 孤高の漫画家・新井英樹が独自な世界観を語る

『宮本から君へ』に続いて『愛しのアイリーン』が実写化された漫画家・新井英樹。予定調和を嫌う作風は、何度読み返しても衝撃的だ。

 人気コミックの実写化はファンから深く愛されている作品ほど、そのハードルは高くなるが、ここに原作ファンのみならず、原作者からも愛される幸せな映画が誕生した。熱烈なファンを持つ漫画家・新井英樹の代表作を、吉田恵輔監督が映画化した『愛しのアイリーン』がそれだ。農村の過疎化、契約結婚といった社会的テーマに加え、読者に強烈なインパクトを与えた“きれいごとでは済まない愛の形”は、実写映画でもしっかりと主題として据えてある。フィリピンでのヒロインオーディション&ロケを敢行することで実現した映画『愛しのアイリーン』を、原作者・新井英樹はどう受け止めたのか。また、他の作家の追随を許さぬ新井英樹ワールドはどのようにして誕生したのか。そのディープな世界に分け入ってみよう。

──新井作品を愛する吉田監督によって映画化された『愛しのアイリーン』は、配役もうまくハマり、完成度が非常に高いですね。

新井 ほんと、そう思います。幸せな結果になりました。

──長編デビュー作『宮本から君へ』がテレビ東京系で4月~7月に連続ドラマとして放映されたのに続いて、代表作『愛しのアイリーン』も映画に。原作の発表から四半世紀を経て、若手監督たちによって次々と新井作品が映像化されていますが、ご本人的にはこの状況をどのように感じているんでしょうか?

新井 単純にね、届いててよかったなと。俺自身がいろんな映画や漫画の影響を受けているので、自分がいい影響を受けたなと思える部分を下の世代にも伝えたいと思っていたんです。でも、まさか『宮本から君へ』『愛しのアイリーン』と2本続けて映像化されるとは思いもしなかった。しかも、『宮本から君へ』は真利子哲也監督、『愛しのアイリーン』は吉田恵輔監督と、どちらも才能ある監督が撮ってくれた。吉田監督が『アイリーン』を撮るって、「これ絶対、面白いだろう」という気持ちもありました。

──ちなみに吉田監督作でお気に入りは?

新井 『さんかく』(10)が大好き。人間ドラマとしてよく出来ているし、キャラクターもすごくいい。途中で恋愛がもつれる展開になると、下手なホラーより怖くなる。日常が非日常に変わっていく瞬間を描くのがすごくうまい監督。「この監督が撮ってくれるのなら、何をやってくれてもいい」と思っていたんです。でも、最初に吉田監督が『愛しのアイリーン』を映画化したいという話を持ってきたときは、どこまで信じていいのか分からなかった。「お金が集まるかどうか分かりません」と言っていたのに、20日くらいしたら撮影スケジュールが送られてきて、アイリーン役の女の子(ナッツ・シトイ)の写真も送られてきた。あまりにもアイリーンにそっくりで、大爆笑してしまいましたよ(笑)。

──ナッツ・シトイは、現地オーディションで選ばれたフィリピンの若手女優ですね。

新井 そう。それで撮影が始まって、新潟県長岡市まで撮影の様子を見に行ったんですが、俺が作ったアイリーンや岩男(安田顕)たちがパチンコ店にみんないるんで、「ここは俺にとってのディズニーランドだ! 俺の描いたキャラクターがみんないる!」と幸せな気分になりました(笑)。自分が作ったフィクションの世界に、自分がその中にいるという不思議な感覚でしたね。

“カメレオン俳優”安田顕とオーディションで選ばれたナッツ・シトイが主演した実写映画『愛しのアイリーン』。

■連載中は酷評されまくった原作

──ここからは『愛しのアイリーン』が「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載された当時(1995年~96年)のついてお聞きしたいと思います。『宮本から君へ』(講談社『モーニング』連載)は文房具メーカーに勤めていた頃の実体験をベースにして描いたサラリーマンものでしたが、そこから一転。農村を舞台に、外国人妻との契約結婚という社会的テーマに挑んでいった。

新井 「誰でも一本は傑作を書くことができる」。映画『祭りの準備』(75)で知った新藤兼人の言葉です。つまり、自分のいる世界を書けばいいわけです。俺にとってのそれが『宮本から君へ』でした。読み切りの短編漫画として『宮本から君へ』を描いたんですが、好評だったことから連載化され、ああいうストーリーになった。じゃあ、次に描くのは自分が体験したことのないものをやろうと考えたんです。別に社会派作品を狙ったわけではなかった。神奈川県生まれで田舎の生活を知らないので、農村を舞台にしよう。女を描きたい。しかも、女同士の闘いを描こう。そう考えていたところ、小学館の編集者が当時ニュースになっていたフィリピン妻のことを教えてくれたんです。主人公の岩男はパチンコ店に勤めているけど、俺はパチンコを全然やらない。全部、自分の知らないことを描いてやろう、ということで始まったのが『愛しのアイリーン』でした。『宮本から君へ』の主人公はサラリーマンだったので、組織の枠にいない人たちを描いてみたいという気持ちもありました。

──まるで知らない世界を描いたにしては、ひどく人間臭いキャラクターばかりですね。

新井 誰かとSEXすることがこの世のいちばんの幸せと考えているような、サラリーマンタイプじゃない変人たちを描きたかったんです。周りにそんな人が多かった(笑)。学生時代はいかにもな労働者たちと一緒によく働いたこともあって、片腕がなかったり、「俺の夢はマリリン・モンローとSEXすることだ」と自慢げに話す40歳すぎのおっさんだったり、変わった人が多かった。女子生徒に手を出して学校を追い出された教師とか、普通の女性は避けたがるような人たちばっかり。でも、話すとすごく面白いわけです。自分が作った世界を、そんな人たちで溢れ返らせたかった(笑)。

──連載開始前、フィリピンへ取材旅行に出向いたと聞いています。

新井 行きました。集団お見合いにも参加させてもらいました。かなり面白かったですね。でも、連載中は「なんで、こんなひどい漫画を描くんだ」と、さんざんの言われようでした。日本語が話せないアイリーンと会話するために、岩男はタガログ語の辞書を買うんですが、日本で1人か2人しかいないタガログ語の辞書の著者に許可をもらって漫画に描いたんです。「あんたの辞書、ひどい漫画で使われているよ」と耳打ちした人がいたみたいで、連載中に「僕の辞書はもう使わないでください」と言われてしまった(苦笑)。

──連載途中は、まさかあんな感動のクライマックスが待っているとは読者は誰も予測できなかったと思います(笑)。

新井 こちらとしては描きたいものがちゃんとあって描いているわけだけど、そこへ行く過程で照れ隠しもあって、下世話なことも描いてしまうわけです。まぁ、連載中は誰も読み取ってはくれませんよね(笑)。

123

苦労して築き上げた世界を一瞬で壊すのが快感!! 孤高の漫画家・新井英樹が独自な世界観を語るのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

カニエ・ウェストはなぜ人種差別的な小説に惹かれた?

 アメリカのポップ・カルチャー(音楽、ドラマ、映画等々)の情報は日本でも大量に流通し...
写真