日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 土屋炎伽、芸能界で需要は?

土屋太鳳の姉で“疑惑”の初代ミス・ジャパン・土屋炎伽、芸能界で需要はあるのか?

る土屋炎伽

 女優・土屋太鳳の姉である土屋炎伽さんが「2019ミス・ジャパンコンテスト」で初代グランプリに輝き、波紋を呼んでいる。

 とてもややこしいのだが、同大会は正統的な「ミス・ユニバース・ジャパン」とはまったく別のコンテストで、今年から新設されたもの。グランプリには賞金1,000万円が贈られ、1年間にわたり公式イベントやチャリティー活動に参加する。

 炎伽さんは都内の企業に勤務する会社員で、富士通チアリーディング部に所属。業界では「美しすぎるチアリーダー」として名の知れた人物だったという。

 だが、有名女優の姉で、155センチの低身長。東京大会選考会では、太鳳と弟で声優の土屋神葉が、日本大会でも神葉が応援に駆けつけていたとあって、ネット上では「出来レース」との声が多々噴出しているのだ。

「この手のコンテストでは、高身長でプロポーション抜群であることが必須条件。日本大会で、炎伽さんは2番目に低身長だったのですが、そもそも155センチしかない人は普通“対象外”になってしまうでしょう。『ミス・ジャパンコンテスト』は今年スタートしたばかりで、今後も継続していくためには”箔付け“が必要です。そのために有名人の姉である炎伽さんを利用したとのウワサがもっぱらです」(芸能プロ関係者)

 東京代表選考会では、わざわざ太鳳を呼んでいたのだから、それは話題になるし、主催者としては万々歳だった。

「炎伽さんは確かに美人ですが、あくまで”一般人レベル“で、太鳳と比べると一枚落ちます。水着審査もありましたが、プロポーションは普通でバストはかなりさびしい。ましてや年齢はもう27歳で、低身長なのですから、多くの人が『ほかにグランプリにふさわしい参加者がいたんじゃないか?』と思って当然です」(同)

 こうなると、やはり注目されるのが炎伽さんの芸能界転身だ。本人はそれに関しては否定しているが、太鳳や弟との共演には意欲を見せている。そういいながらも、22日には『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演しており、「ミス・ジャパン」グランプリとして、メディアにも露出していくことになりそうだ。

「1年間は約束事もありますし、ミス・ジャパングランプリの立場で活動していくでしょうが、将来的には芸能界入りの可能性も十分。太鳳との“セット売り”はメディアにとっては魅力ですし、当初は需要もあるでしょう。ただ飽きられたら、単独で本格的に芸能活動していくのは難しいのでは。あくまでも一般人枠で、メディアへ出演するのが賢明かと。“土屋太鳳の姉”という肩書き以外に、商品価値があまり見いだせません」(同)

 多くの人から“疑惑”の目を向けられている炎伽さん。果たして、芸能界への転身はあるのだろうか?

最終更新:2019/09/24 06:00
こんな記事も読まれています

土屋太鳳の姉で“疑惑”の初代ミス・ジャパン・土屋炎伽、芸能界で需要はあるのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

若手コント師、かが屋の真実

お笑い第7世代と呼ばれる芸人の中で、最も「新しい」と呼ばれる2人、マセキ芸能社所属・...
写真