日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > ブサイク芸人ブームが到来中

アインシュタイン稲田が公私にわたってモテまくり⁉ 空前の「ブサイク芸人」ブームが到来中のワケ

吉本興業公式サイトより

 吉本興業が毎年行う「ブサイクランキング」を3連覇中のアインシュタイン・稲田直樹をはじめ、宮下草薙・草薙航基、金属バット・友保隼平など、このところ、バラエティ番組では「ブサイク芸人」が重宝されている。

 その理由を制作会社スタッフが明かす。

「昨今の芸能界では不倫は命とり。その点、ブサイク芸人の場合は、女性スキャンダルのリスクが低い。また、先日はAマッソが差別ネタで批判を浴びましたが、現在は炎上必至の人を傷つけるネタはご法度。その点でもブサイク芸人は基本的に“人から傷つけられる側”であるため、スポンサーとしても安心感がある。稲田と草薙は『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の加地倫三プロデューサーのお気に入りですから、今後はさらなるブレイクが期待されます」

 一方、女優の蒼井優を射止めた山里亮太のように、「ブサイク芸人」がモテる時代もやってきている。「実際、稲田の女性人気は凄いことになっている」と言って放送作家はこう証言する。

「信じがたいですが、稲田はハンパなく女性にモテていますよ。彼が登場すると、昔なら『ギャーッ』という悲鳴だったのが、今や『キャーッ』という歓声に変わってきています。プライベートで言い寄ってくる女性も多いと聞いていますよ」

 そんな稲田に警鐘を鳴らしているのがあの男。前出の放送作家が続ける。

「お笑い界に、『ブサイク芸人会』という集まりがあるんですよ。先日には山里の“脱退式”が行われ、逆にナインティナイン・岡村隆史が加入したようです。会の中心人物はアンガールズなのですが、稲田は『チヤホヤされるのは一瞬だから、調子に乗るな』と助言されていたそうです」

 かつて、「抱かれたくない男」のトップにいた出川哲朗は、今や11社のCMに起用される人気ぶり。ネオブサイク芸人たちも調子に乗らず、愛され続けることが大事だろう。

最終更新:2019/10/01 11:59
こんな記事も読まれています

アインシュタイン稲田が公私にわたってモテまくり⁉ 空前の「ブサイク芸人」ブームが到来中のワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(1)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真