日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 無名女子アナが退社決意した理由

フリー転向相次ぐ女子アナ界で、TBSから”ほとんど無名アナ”が退社決意した理由

文=田中七男

TBS放送センター

 ここ最近、在京キー局に在籍する女子アナの退社、フリー転向が相次いでいる。中でも、その傾向が顕著なのがTBSとテレビ朝日だ。

 フリーアナ市場は現在、飽和状態といわれているが、元TBSの吉田明世アナ、宇垣美里アナは大手芸能プロに所属しているとあって、仕事に困っている様子はない。元テレ朝の小川彩佳アナは『NEWS23』(TBS系)のメインキャスターに就任し、宇賀なつみアナは古巣から2本のレギュラー番組を与えられ安泰だ。

 そんな中、元TBSの林みなほアナが9月9日付けで、同局を退社し、フリーに転向した。林アナは170センチの長身で、”ジャイアント林”の愛称で親しまれ、『Nスタ』『はやドキ!』『白熱ライブ ビビット』などで活躍。6月まで、『ひるおび!』に出演していたが、7月1付けで広報局に異動。この人事に不満をもった林アナが退社を決断したといわれている。

「林アナは2016年7月に、バツイチのTBSラジオプロデューサーと社内結婚し、17年11月に第1子を出産しています。育休をへて、18年4月に復帰しましたが、子育てのこともあり、重要な仕事はまかされていませんでした。TBSでは若手登用の思惑もあり、林アナは異動になってしまったようです」(女子アナウオッチャー)

 林アナは12年4月に入社後、情報・報道番組を中心に担当してきたが、いずれの番組も短期間で降板することが多く、存在感の薄い女子アナだったとの印象が強い。果たして、フリーになってやっていけるのだろうか。

「事務所にも所属してませんし、元同僚の吉田アナ、宇垣アナのようなネームバリューもなく、ほとんど無名なので、テレビ業界で活躍するのは難しい。本人もアナウンサー業にこだわるつもりはないようですし、イベント司会など、幅広い活動をしていくつもりなのではないでしょうか」(同)

 フリーアナで売れなくても、夫はTBSのプロデューサー。あくせく働かなくても悠々自適といったところか。

最終更新:2019/10/06 12:00

フリー転向相次ぐ女子アナ界で、TBSから”ほとんど無名アナ”が退社決意した理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

三島由紀夫、柳美里…実在の人物を描いた小説の事件簿

 田山花袋が小説『蒲団』で女性の弟子への恋情を描いたこと、三島由紀夫が都知事選に...
写真