日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 益若つばさ、15年ぶりギャル姿

益若つばさ、15年ぶりの”ギャル姿”に大反響「当時の感じに近づけましたかね?」

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

インスタグラム:益若つばさ(@tsubasamasuwaka1013)より

 モデルでタレントの益若つばさが自身のインスタグラムで、15年ぶりのギャル姿を披露した。

 かつて人気雑誌「Popteen」(角川春樹事務所)の専属モデルを務め、伝説的な人気を博した益若。9日には“ギャルの聖地”といわれるSHIBUYA109で行われたイベントに出席していた。

 益若は同日にインスタグラムを更新し、イベントに出席したことを報告。「109の日ということで、15年近くぶりに当時読者モデルをしていた頃のギャルになりました!」と、この日の変貌を報告した。

 益若は黒いファー帽子をかぶり、髪はほぼ金髪で、茶色のカラーコンタクトと濃いアイメイクをしている自身の写真を公開。

「当時の感じに近づけましたかね??」と嬉しそうにつづりつつ、ギャルっぽい浅黒い肌を再現するため、「黒肌用のコスメを集めて、前の日に自分でメイクの練習をして挑んだよ!」と、その努力を明かした。

 当時について益若は「私はコンプレックスの塊で、とにかく可愛くなりたくて、輝いていて楽しそうなギャルに憧れてギャルメイクという鎧を纏って渋谷に通っていました」「いつもより強くなれた気がして、自分を少しだけ好きになれた気がしました」とし、ギャルモデルになって自信がついたことなどをつづっている。

 こうした益若の姿にインスタグラムには、「可愛すぎる!」「やっぱりつばさちゃんのギャル姿は最高!」「なんか懐かしい!」という声が集まっていたが、その一方でネット上では、「カラコンが怖い…」「最近の妖精?っぽいのよりはギャルのほうが合ってるけど、そろそろ年相応の大人な装いをしてほしい」という厳しい苦言も寄せられていた。

 今ではまったく別の路線へ進んだ益若。一時代を築いたギャル姿への反響は大きかったようだ。

最終更新:2019/10/12 07:00

益若つばさ、15年ぶりの”ギャル姿”に大反響「当時の感じに近づけましたかね?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

河瀬直美監督映画『朝が来る』レビュー

 20代はガムシャラに働き、30代になっ...…
写真
インタビュー

ANARCHYが映画で望んだ表現

――ANARCHYがメガホンを執ったことで話題となった映画『WALKING MAN』。彼...
写真