日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 戸田恵梨香がWエリカ様を拒否

戸田恵梨香が「Wエリカ様」を拒否! 紅白司会“大本命”の沢尻エリカが消えたワケ

戸田恵梨香

 一見、すんなり決まったようだが、NHKのシナリオ通りにはなかなか進まなかったようだ。

 10月17日、大みそかに放送される『NHK紅白歌合戦』の司会が発表され、紅組司会には綾瀬はるかが4年ぶり3回目、白組司会に嵐・櫻井翔が昨年に続き2年連続、総合司会は3年連続で内村光良が務めることとなった。

 綾瀬といえば、今年の大河ドラマ『いだてん』で主人公の妻役を好演しているが、同作は歴代ワースト視聴率を記録するなど大爆死となっているだけに、他に適任がいたようにも思えるが……。

 その舞台裏をテレビ関係者が耳打ちする。

「『いだてん』が目を覆うような結果だったことを受け、NHKは来年の大河ドラマ『麒麟がくる』をヒットさせることが至上命題となっています。そのため、第一候補となっていたのが大河でヒロインを演じる沢尻エリカでした。さらに、朝ドラ『スカーレット』が好調の戸田恵梨香を組ませて“Wエリカ様”として話題を作るというプランBも用意されていたようです。しかし、沢尻サイドの返事が『どちらでもいい』だったのに対して、戸田サイドは『単独だったらOK』だった。沢尻単独となった場合は、もう一人のヒロインである門脇麦との兼ね合いもあったため、結局、沢尻の司会は見送られることとなりました」

 そこで、白羽の矢が立ったのが綾瀬というわけだが、今度は別の横やりが入ったという。

「綾瀬は過去に紅白司会を務めた際、台本をまったく覚えられず、トンチンカンな発言ばかりしていた。そのため、ジャニーズサイドが『やりにくい』とNGを出してきたそうです。しかし、それを内村が綾瀬の天然ぶりを『笑いにしたほうがいい』と強く主張し、ようやく落ち着いたといいます」(前出・テレビ関係者)

 紅白を“大河祭り”としたかったNHKだが、結果は最初の思惑とはまったく違う方向に。アピール不足で2連続爆死とならなければいいが。

最終更新:2019/10/21 09:20
こんな記事も読まれています

戸田恵梨香が「Wエリカ様」を拒否! 紅白司会“大本命”の沢尻エリカが消えたワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

加藤綾菜、嫌われ者の逆転現象

 今回取り上げるのは加藤茶の嫁、綾菜だ。20...…
写真
インタビュー

“二番手芸人”かまいたちの野望

「テレビマンがいま一番キャスティングしたい芸人」「ポスト千鳥」……昨年、東京進出を果...
写真