日刊サイゾー トップ > カルチャー > ネット  > 奢らない男への苦言でフルボッコ

自称恋愛コラムニスト、「飲み会で全額奢らない男への苦言」で女性からフルボッコ状態に!

イメージ画像/出典:Kyrre-Gjerstad

 まったく支持は得られなかったようで……。

 恋愛コラムニストを自称して活動している、妹尾ユウカなる人物の発言に批判が殺到している。

「一般的にはほぼ無名ですが、彼女はウェブメディアや『週刊SPA!』(扶桑社)などの雑誌で活躍するコラムニスト。執筆業の他、就活イベント等でのMC、フェスやクラブイベントにてDJとしても活動するインフルエンサーだといいます」(出版関係者)

 問題となっているのは10月14日に投稿したツイート。その中で妹尾は、「飲み会で女に『女の子千円だけ貰って良い?』って言う男を見ると、『お前、千円でプライドも株も失ってるけど大丈夫か?』と声をかけたくなります」と、“全額おごらない男”に対し苦言を呈した。

 しかし、この投稿がネットニュースで報じられると、女性が集まるネット掲示板では「自分が食った分は自分で払えよ」「1000円でいいの?ありがとうって言っておけばお前の株は上がったのに」「男は気を使って言ってるんだと思う」「1000円も出せないお前は何なの? 女というだけでなぜ無料になるとでも思っているのか」「仕事の関係にはやたら男尊女卑って言うけど、こういう時はちゃっかり奢ってもらおうとする女の人嫌い」など、批判コメント一色。フルボッコ状態となっている。

「妹尾といえば、2018年に20歳でデキ婚したことを報告。もともとはハイスペックな男性が好みだったのが、まったくタイプと違う男性の熱烈アプローチ受けて交際に発展したとのこと。しかし、妊娠した際には『うわー、やっちゃった。どうしよう』と思い、中絶手術の予約までしたが思いとどまり出産を決意したそう。それで“恋愛”についての何を語れるのかも不明ですが、年齢的にも合コン的な飲み会とは無縁だと思うのですが……」(女性誌編集者)

 調べてみると、知り合いだという元ミスター東大ファイナリストの稲井大輝被告が、30代女性への強制性交の疑いで逮捕・起訴された際には「友人継続宣言」をして叩かれたり、YouTuberの炎上商法に加担していたことが判明して炎上騒ぎになったりしたこともあったようだ。

 今回の件では、17日に「特定の個人や組織を攻撃したわけでもないのに『謝れ!』って言う人に聞きたいんだけど、誰に謝ればいいの!?謝られて気が済むの!?お前は誰なの!?〉と反論しているものの、それ対しても批判が殺到。「恋愛コラムニスト」としての信用はガタ落ちとなってしまったようだ。

最終更新:2019/10/22 12:05
こんな記事も読まれています

自称恋愛コラムニスト、「飲み会で全額奢らない男への苦言」で女性からフルボッコ状態に!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

加藤綾菜、嫌われ者の逆転現象

 今回取り上げるのは加藤茶の嫁、綾菜だ。20...…
写真
インタビュー

極道×アイドルマンガ作者が語る魅力

 今、アイドル界では、ありとあらゆるものとの組み合わせが考えられている。プロレスアイ...
写真