日刊サイゾー トップ > 社会  > 中国2.5次元ミュージカル加熱
バブルと検閲の(裏)事情

中国で前年比2倍を記録する「次なるバブル」2.5次元ミュージカルに13億人が熱視線!

上海のディズニータウン専用劇場ではライオンキングも上演!

「バブル」と言われ、右肩上がりのグラフを描いている中国の映画業界。もちろん、映画に限らず、成長著しい中国には世界各国のエンターテインメントが続々と輸入されている。なかでも近年では、ミュージカルの勢いが止まらない。

 他国に比較してまだミュージカルの観劇人口は少ないものの、2017年には前年比2倍となる3.5億元(約58億円)の興行収入を記録。まだまだ伸びしろのあるオイシイ市場を開拓しようと、17年から、劇団四季ではオリジナルミュージカル『魔法をすてたマジョリン』や『人間になりたがった猫』を中国の企業にライセンス販売し、中国事業に本格進出を遂げた。

 また、オタク女子を中心に爆発的な人気を誇っている2.5次元ミュージカルも中国に進出。日本のマンガ人気を背景に、2015年以降、『テニスの王子様』『刀剣乱舞』『黒執事』『美少女戦士セーラームーン』といった作品の数々が輸出されており、17年からは、2.5次元ミュージカルの中国公演用劇場として上海にある「虹橋芸術センター」を使用。現地のファンのみならず、わざわざ日本から足を運ぶ腐女子たちも多い。

 だが、映画と同様、もちろん演劇も検閲制度と無関係ではなく、事前に脚本とビデオの提出を求められるほか、公演中に突然検閲官が劇場を訪れて違反がないかを確認する。

 日本のミュージカル作品ではまだ検閲問題は表面化していないが、同性愛をテーマとしたブロードウェイミュージカル『スリル・ミー』の上海公演では、作品のキモとなる男同士のキスシーンはカットされた。また、昨年には、ドイツを代表する劇団「シャウビューネ」による環境問題をテーマとした演劇公演が検閲によって上演中止の事態に陥ってしまった……。

 映画に限らず、中国でカルチャービジネスを円滑に進めていくためには、検閲制度に対しても十分な理解が必要になるのだ。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed