日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > ジャニーズカレンダーと出版社

ジャニーズ公式カレンダーによる出版社への影響力は衰退!? 週刊誌のスクープ抑制効果は消滅へ

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

イメージ画像/出典:josemanuelerre

 2020-21年のジャニーズ公式カレンダーの発売が発表された。

 Hey! Say! JUMP(講談社)、Kis-My-Ft2(光文社)、Sexy Zone(マガジンハウス)、ジャニーズWEST(小学館)、King & Prince(新潮社)、SixTONES(集英社)、Snow Man(ワニブックス)、ジャニーズJr.(ホーム社)、関西ジャニーズJr.(学研プラス)の9種類が、それぞれ異なる出版社から発売される。

 ジャニーズ公式カレンダーといえば、ジャニーズ事務所から各出版社に回される“利権”とも呼ばれる存在だ。それなりに売上が見込めるこのカレンダーを発売させることで、ジャニーズ事務所は各出版社との関係性をより強いものにしているとも言われる。

「出版社にとって、ジャニーズは重要な存在。雑誌だって、ジャニーズタレントを載せればその分売れますからね。でも、ここ最近はジャニーズ人気も落ち着いていて、言うほど売上が伸びるわけでもない。カレンダー利権があるから、週刊誌のスクープを握りつぶせるといったこともほとんどなくなっていますし」(出版業界関係者)

 たしかに、公式カレンダーを発売している小学館であれば「女性セブン」や「週刊ポスト」でジャニーズタレントの熱愛を頻繁に報道している。講談社の「FRIDAY」や、新潮社の「週刊新潮」もまた、頻繁にジャニーズネタを扱っている。少なくともスクープ潰しとはなっていないのが現状だ。

「小学館、講談社、新潮社については、利権は回してもらいつつも、スキャンダル報道については別モノというスタンスですね。事務所に多少の配慮はあるでしょうが、スキャンダルを潰すなんてことはありえない。まあ光文社の『女性自身』については、ジャニーズとベッタリなイメージがありますが……」(同)

 また、どのグループのカレンダーを発売しているかで、出版社のスタンスも変わってくるようだ。

「やはり人気があるグループのカレンダーの方が、強い利権になるわけです。今なら勢いがあるキンプリのカレンダーが“おいしい”ので、新潮社はラッキー。少なくとも『週刊新潮』ではキンプリのスキャンダルは扱いづらいでしょう。

 一方で、小学館に回ってきたジャニーズWESTは、正直“微妙な利権”となるでしょう。フジテレビのバレーボール中継のスペシャルサポーターになって売り出し中ではあるけど、メンバーの知名度はイマイチ。ただ、そもそも週刊誌的にはジャニーズWESTのメンバーはそこまで大きなネタにならないので、彼ら自身のスクープが報じられないとしても、デメリットは小さい。利権はショボいけど、ジャニーズに対して特に気にせずスクープを飛ばせるので、助かってる部分もあるのでは」(同)

 決して強大なわけではなく、“ちょっとした配慮を生む”程度の利権といえそうなジャニーズ公式カレンダー。いずれにしろ、ジャニーズ事務所にはかつてのような強権力はなくなっているようだ。

最終更新:2019/10/24 12:12

ジャニーズ公式カレンダーによる出版社への影響力は衰退!? 週刊誌のスクープ抑制効果は消滅へのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

三島由紀夫、柳美里…実在の人物を描いた小説の事件簿

 田山花袋が小説『蒲団』で女性の弟子への恋情を描いたこと、三島由紀夫が都知事選に...
写真