日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 高畑充希、同期との体型差に自虐

高畑充希、“同期のみんな”とのスタイル差に自虐もネット「それがまた良い!」

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

インスタグラム:高畑充希(@mitsuki_takahata)より

 高畑充希が自身のインスタグラムで披露した5ショットに反響が集まっている。

 現在、ドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系)で主演を務めている高畑。第4話が放送された10月30日にインスタグラムを更新し、「同期のみんなのスタイルが良すぎて、私だけ違う種族なのではないかと自問自答する日々です」とコメントし、同期役で共演している女優の橋本愛、新田真剣佑、岡山天音、竜星涼と並んで撮影した5ショットを披露した。

 5人ともスーツを着用していたが、身長158センチの高畑に比べ、他の4人は揃って高身長。高畑は「最近の若い子はヤバイです」と自嘲しつつ、演じるサクラの口癖を真似て「まずい。ひじょーにマズい」と強くつづっていた。

 この投稿に高畑のインスタグラムには、「小さい所もめっちゃ可愛いです」「充希ちゃんのサイズ感可愛い!」といった声が集まっており、ネットからも「ドラマとしてはそれがまた良い感じになってるよ」「女優なのにこうやって自虐ができるっていいね」「でも今回のサクラは小柄な高畑充希だからこそぴったりだね」といった好意的な声が飛び交っていた。

 回を重ねるにつれ、評価する声が集まっている『同期のサクラ』。アンバランスだからこその良さを指摘する声が多かった。

最終更新:2019/11/01 17:45

高畑充希、“同期のみんな”とのスタイル差に自虐もネット「それがまた良い!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

安倍政権が負のスパイラル

今週の注目記事・第1位「安倍首相『大物秘書』...…
写真
インタビュー

人間の本性としての暴力と協力

――人間はどこから来たのか 人間は何者か 人間はどこに行くのか――。最先端の知見を有...
写真