日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 小沢一敬の徳井擁護に批判殺到

スピードワゴン小沢の「徳井擁護」に批判殺到…ムロツヨシ、鈴木紗理奈の二の舞に⁉

吉本興業公式サイトより

 友達なのはわかるが……。

 チュートリアル・徳井義実が巨額申告漏れと所得隠しが発覚した件を、11月3日放送の『アッコにおまかせ』(TBS系)が特集。スタジオには、徳井の親友で2015年頃から徳井と一軒家を借りてシェアハウス生活を送っているスピードワゴン・小沢一敬が生出演した。

「小沢が名古屋吉本NSCの2期生、徳井が大阪NSCの13期生でほぼ同期。養成所時代には面識がなかったものの、小沢から話しかけたことで少しずつ話すようになったのが仲良くなったなりそめだそう。その後、東京に詳しくない徳井を小沢が車で送ろうしたところ、道がわからなくなり深夜の路上で降ろされたことを機に親密になったとのこと。騒動後、徳井と話したという小沢は『本人はすごい反省しています、僕も“コラッ”と言いました』と告白。『できることは何もないから……できることは何もないというのは』などと涙目でしどろもどろになりながら、『何があっても友達だから……』と言葉を絞り出していました」(スポーツ紙記者)

 小沢は「間違ったことをしたら反省して自分の中でけじめ付けたら、戻ってこれる社会であった方がいいなと思う。今回のことだけじゃなくて、1回失敗したら終わりの世界は好きじゃない」と、視聴者に寛容な対応を求めるも、ネット上では「こういうの要らない」「そういうのは裏でやって」「友達はいいけど罪は罪だってことは忘れないで」「1回じゃなくて会社設立から10年、一度も自ら申告してないんだから」と、批判ムードに火を注ぐことになってしまった。

「新井浩文被告が強制性交の疑いで逮捕された際にも、親友のムロツヨシがツイッターで擁護発言するも『レイプ魔を応援するなんて嫌いになりました』などと大炎上。ムロも『サッカーの話だった』と強引な言い訳をして、恥の上塗りとなったばかり。最近では、木下優樹菜がタピオカ店の女性店長を恫喝していたことが発覚し、謝罪文を発表。すると、友人の鈴木紗理奈が『反省して、また次! みんな応援してるよーー!』と能天気なハートマーク付きのコメントをしたことで、批判の矛先が飛び火することなりました。犯罪やそれに近しい言動について軽はずみな発言をすれば、巻き添えでイメージダウンになりかねないだけに、小沢も気を付けたほうがいいでしょうね」(前出の記者)

 いずれの面々も、わざわざ世間に発表せずとも本人直接言えばよかったのかもしれない。

最終更新:2019/11/04 06:00
こんな記事も読まれています

スピードワゴン小沢の「徳井擁護」に批判殺到…ムロツヨシ、鈴木紗理奈の二の舞に⁉のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

 作家・塩田武士が元気だ。グリコ・森永事件をモチーフに大胆な作劇で話題をさらった『罪...
写真