日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > チュート徳井に指摘される”病気”

チュート徳井、巨額申告漏れの「想像を絶するルーズさ」で指摘される“あの病気”の深刻さ

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

吉本興業公式サイトより

 テレビ各局の編集スタッフは今日も残業中だろうか。

 東京国税局から1億3,800万円の申告漏れなどを指摘され、芸能活動自粛中のチュートリアル徳井義実。11月3日に放送されたNHK大河ドラマ『いだてん』に出演したことで、世間の注目を集めている。

「徳井は日本女子バレーボールの大松博文監督という重要キャストを務めています。番組冒頭には〈大河ドラマ『いだてん』は10月1日にすべての収録を終了しています。描くシーンについては編集などでできるだけ配慮をして放送いたします〉との字幕入り。再編集し、放送時間も1分短縮となりましたが、徳井は約4分半にわたり、チームの練習シーンなどに登場していました」(テレビ誌ライター)

 今回の一件は徳井がキャッシュで2億円のマンションを買ったことで公になったが、騒動後は想像を絶する理解しがたい状況が続々と明らかになっている。何度言われても無申告、以前に銀行預金を差し押さえになっていた、電気やガスを止められたり、レンタルビデオを返さずにいたら延滞料が10万円を超えていた……などなど。

「節税対策に会社を興していることから、脱税との見方もされています。しかし、『所得隠し』をするつもりなら書類を改ざんするなど、いわば細工を施すはず。本人も会見で『想像を絶するだらしなさ、ルーズさ』が原因と語っていたり、心配して連絡してきた近しい同業者に、『自分は病気なんです』と漏らしていたとも報じられています。一部では、問題が大きくなるのがわかりきっているのに、解決せずに先送りにしてしまうという特徴が、ADHD(注意欠陥・多動性症候群)の典型的な症状と一致するという声も出ており、本人が言う通り『病気』である可能性も出てきています」(スポーツ紙記者)

 タレントでエッセイストの小島慶子は、昨年、軽度のADHDであることを公表したが、そのことで「仲間との交流や気づきが生まれた」と語っている。仲間たちの擁護の声に、徳井も同じ気持ちでいるのかもしれない。

最終更新:2019/11/06 10:30

チュート徳井、巨額申告漏れの「想像を絶するルーズさ」で指摘される“あの病気”の深刻さのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

堤真一演じる”平岡円四郎、実はコミュ障

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

「優生学に直結する」と思考停止するほうが問題だ! 「遺伝子社会学」が追究する“格差”の正体とは? 

 『遺伝子社会学の試み 社会学的生物学嫌い(バイオフォビア)を越えて』(日本評論社)...
写真