日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 末吉9太郎ブレイク間違いなしか

アイドルオタクあるあるが話題のCUBERS・末吉9太郎、テレビ関係者も熱視線でブレイク間近

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

CUBERS・末吉9太郎

 今年はファーストサマーウイカ、りんごちゃんなどが大きくブレイクしたバラエティー界。続々と新たなキャラクターが登場するが、次なるブレイク候補として期待されているのが、男性アイドルグループ『CUBERS』(キューバーズ)のメンバー、末吉9太郎だ。

 CUBERSは2015年に結成された、22歳から28歳の男性からなる5人組。インディーズでの活動を経て、今年5月につんく♂作詞作曲の「メジャーボーイ」でメジャーデビューを果たした。

 そのメンバーである末吉9太郎は、ジェンダーレスなキャラクターが特徴的で、音楽大学卒業という本格的キャリアの持ち主。小学生時代からハロー!プロジェクトのファンで、生粋のアイドルオタクという一面も持つ。

 そんな9太郎が、ツイッター、TikTok、YouTubeなどに「男性アイドルグループを応援する女性ファンあるある」の動画を投稿したところ、ネットで大拡散。累計1億回以上再生されるなど、大注目となっているのだ。

「アイドルオタクあるあるは、ディテールにもこだわっていて、同じアイドルファンなら思わず笑ってしまうクオリティー。CUBERSのファンに限らず、いろんなグループのファンが9太郎のSNSをフォローしています」(音楽業界関係者)

 このオタクあるある動画をきっかけにして、メディア露出も増加中だ。

「地上波のバラエティー関係者も注目しています。やはりジェンダーレスな男性タレントは番組で活躍しやすいという傾向もあるし、テンションも高いのでかなりテレビ向き。テレビ界は、つねにインパクトのある次世代タレントを求めているので、当然9太郎もすぐに出番を増やしていくでしょう」

 キャラクターの強いタレントは、トークが弱いという傾向もあるが、9太郎の場合はどうなのだろうか。

「オタクあるあるは確かに面白いのですが、マニアックなのでそこばかりにスポットが当たると、バラエティー的にはちょっと厳しい部分もある。ただ、9太郎はそれ以上にそもそものトーク力が高い。“ネタ”を入り口にして、トークでしっかり楽しませることができるタレントなので、それこそファーストサマーウイカのような形で、独自のポジションでブレイクする可能性は高いと思います」(テレビ局関係者)

 2020年最初のブレイクタレントは、末吉9太郎となるかもしれない。

最終更新:2019/11/07 12:05

アイドルオタクあるあるが話題のCUBERS・末吉9太郎、テレビ関係者も熱視線でブレイク間近のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

500万円で映画主演権を買った一般女性とは

「あなたをSFコメディ映画の主役に!」という日本橋三越本店の2019年新春福袋企画を...
写真