日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 元ヒスブル・ナオキ、更生できず

元ヒスブル・ナオキ、強制わいせつ致傷の疑いで逮捕…再犯防止プログラムを受けても更生できず

文=日刊サイゾー

Hysteric Blue「baby Clips2」より

 埼玉県内の路上で帰宅途中の女性を押し倒しわいせつ行為をしようとしてケガをさせたとし、解散したかつての人気バンド・Hysteric Blue(ヒスブル)メンバーだったナオキこと二階堂直樹容疑者が強制わいせつ致傷の疑いで逮捕されていたことを23日、全国紙や各局のニュース番組などが報じた。

 報道によると、二階堂容疑者は今年7月、埼玉県朝霞市の路上で、帰宅途中の20代女性を後ろから押し倒しわいせつ行為をしようとして全治1週間のケガをさせた疑い。二階堂容疑者は、事件の数日後、警察署に出頭し犯行を自供したといい、「女性を触りたいと思った」と供述したという。

 ヒスブルは男女3人組で、「春~spring~」などが大ヒットし1999年のNHK紅白歌合戦にも出場。二階堂容疑者はリーダーでギターを担当していたが、04年に性的暴行による強制わいせつ罪などの容疑で警視庁に逮捕され、その後、同バンドは解散。二階堂容疑者は1審で懲役14年の判決を受けたが控訴。控訴審で減軽され上告は棄却されたが、06年に懲役12年の実刑判決が確定し山形刑務所に収監されていた。

「前回の逮捕後、公判で被害者が複数いたことが明らかになった。妻の妊娠中にも性欲を発散させるために犯行に及び、中には二階堂容疑者が女装して油断させ女性を襲うという悪質な手口による犯行もありました」(公判を取材した記者)

 二階堂容疑者は服役中の16年、刑務所内で性犯罪の再犯防止プログラムを受けているという手記を月刊誌「創」(創出版)で公表。その際、『懲役刑に服するということはあくまで社会治安を乱したことに対する国家への償いでしかなく、むしろ服役を終え自由を手にした後こそが真の償いの始まりである』などとつづっていた。

「刑期満了を待たず、16年の秋ごろに出所。その後、社会復帰施設に入所し社会活動にも身を投じていたというが、出所から4年で同じ罪を犯しての逮捕。まったく更生できなかったようです」(週刊誌記者)

 どうやら、「償い」の志半ばで欲望に負けてしまったようだが、前回の逮捕時のこともあり、今後は厳しく余罪を追及されそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/24 10:00

元ヒスブル・ナオキ、強制わいせつ致傷の疑いで逮捕…再犯防止プログラムを受けても更生できずのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そし...
写真