非モテも童貞も、ひとごとじゃない!? エッセイ漫画『セックス依存症になりました。』

(c)津島隆太/集英社「週プレNEWS」

『セックス依存症になりました。』というマンガがネット上で話題になっています。セックス依存症というと、タイガー・ウッズやマイケル・ダグラス、エディ・マーフィーなどが有名ですが、とにかく海外セレブみたいなモテまくりの奴らだけがかかる特殊な病気っていうイメージがありました。

 なので、本作のタイトルを初めて見たときは、モテ男による「モテてモテて困っちゃう、俺病気なのかなあ~(笑)」みたいなマンガなぞ死んでも読むまい、という信念というか怨念のような意気込みがあったのですが、実は「セックス依存症」は女性でもかかる可能性があるし、非モテ――なんなら、童貞でもかかる可能性がある身近な病気だというのです! 「童貞でセックス依存症」ってこの世の地獄では……!? がぜん興味が湧いてしまったので、読んでみることにしました。

 本作は現在、ウェブサイト「週プレNEWS」で読むことができます。「セックス依存症」「プレイボーイ」……やはりモテ男向けのマンガじゃないか!! と怒髪天をつく勢いで怒るのは早計でして、実は万人が知っておく必要がある、衝撃的なメンタルヘルスのお話でした。

(c)津島隆太/集英社「週プレNEWS」

 オイッ! なんだこのハーレム状態のオープニングは!! 非モテをあおってんのか!?(怒)などと言いたくなる雰囲気ですが、この女に不自由なし、モテまくり、ヤリまくりな主人公「津島隆太」 が、精神科医の先生と面談しているシーンから始まります。しかも、なんだか顔面も体もボロボロの傷だらけです。

(c)津島隆太/集英社「週プレNEWS」

 傷だらけの理由とは、津島が交際していた彼女(通称ハンマーちゃん)に、元カノとも定期的に会っているのがバレて、ハンマーとバリカンで一方的に暴行されたことにあります。

“なんだそれ自業自得じゃん、ざまぁw”と男子諸君は思うかもしれません。しかし、このことがきっかけで津島には、不眠症と摂食障害、そして抑えることのできない過剰な性衝動や幻覚・幻聴までが襲うようになります。

12345
こんな記事も読まれています

非モテも童貞も、ひとごとじゃない!? エッセイ漫画『セックス依存症になりました。』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

 洋画や洋楽でおなじみな「F××k」に代表されるスラング。くだけた表現では「F××k...
写真