日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 木下優樹菜を悩ませる悪質投稿

事務所総出でも無理だった!? ”タピオカ騒動”の木下優樹菜を悩ませるネットの悪質投稿

木下優樹菜

 一向に収まる気配のない木下優樹菜のタピオカ店騒動だが……。

 実姉が勤務していたタピオカ店のオーナー夫妻に対し「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」などど、恫喝めいたDMを送っていたことを示すような画像が流出し、炎上が収まらない状況だ。

「文春オンライン」(文藝春秋)では木下と実母、夫の藤本敏史と3人でオーナー夫妻の自宅に謝罪に訪れたと報道。あいにく当事者は不在で”対面謝罪”とはいかなかったものの、騒動を鎮静化させるべく動いていることだけは伝わってきた。

 これは木下の所属事務所とて同じ。騒動発覚当初は、後ろ盾の大手芸能プロダクションまで総動員して火消しを図ったが、SNSでは通用せず、逆に「隠蔽しようとしている」と叩かれるハメになった。

「その後、事務所は”上から目線”を改め、現在は大手出版社から規模の小さいメディアまで担当者が足を運び、『なにとぞ配慮してもらえないか』とお願いして回っている」(スポーツ紙記者)

 それでもネット上では、木下を糾弾する風向きは変わらない。木下がインスタグラムの裏アカウント(裏垢)を持っていると騒がれ、炎上さなかに「ハワイに家族旅行に出掛けた」とするウワサが一人歩きしたこともあった。

「これについても、担当者は必死に『木下は日本にいます』と説明している。実際、彼女が自宅で反省の日々を送っているのは間違いないようです。ただ、ネット上の悪質な書き込みには手を焼いており、事務所関係者もお手上げといった様子です」(同)

 たった1通のDM画像で、それまで築き上げていたものが一瞬で崩れ去ってしまった木下。事務所総出で火消しするも、そのダメージはなかなか癒えないようだ。

最終更新:2019/11/12 22:00

事務所総出でも無理だった!? ”タピオカ騒動”の木下優樹菜を悩ませるネットの悪質投稿のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が語る「殺害予告」の真実

 日本人最多とされる殺害予告を受け、6年以上に渡って誹謗中傷を受け続ける「炎上弁護士」...
写真