日刊サイゾー トップ > インタビュー  > ブレイク間近、アインシュタイン登場
次期ブレイク候補がサイゾー初登場!

「ブスいじりは文化」アインシュタインが築き上げた、ブサイクいじりの“塩梅”

文=西澤千央

稲田は”笑えないブス”だった

いまや、公私ともにモテモテだという稲ちゃん

――気持ちが変わったのは?

河井 『M-1』が2010年に終わるっていうのがわかって、出えへんまま終わるのもなぁというのもあったんです。ほんなら1回ちょっと出てみようか、みたいなのでやり始めたのが、きっかけといえばきっかけだと思いますね。

――組んでみて、印象は変わりましたか?

河井 いや、まぁ組んで変わったっていうことはあんまりないですね。もうある程度はわかっていたので。これとやっていくのか、大変やな、って(笑)。

稲田 めちゃめちゃ嫌々やん……

河井 いやいや、違う。最初は大変ですよ、やっぱり。今よりさらにブスやったので。笑えないブスやったかもわからないです、本当に。

――笑えないブスですか?

河井 今よりも暗かったですし、それこそ。

――今は稲田さんのポジティブな部分が結構フィーチャーされていますが、当時はそういう感じではなかったと。

河井 元の性格はそうやったのかもわかんないですけど、表にあんまり出せてなかったのかもわからないですね。

――河井さんが、それを引き出した……?

河井 いや、そういうつもりでもないんですけど。僕も自分のことでいっぱいいっぱいやったので。徐々にっていうことやと思う。いろんな場面でお仕事させていただいたりとか、いろんな失敗をしてやと思いますけど。

――だんだん「あ、こういうふうにやっていけばいいんだな」という、アインシュタインの形に。

河井 そうですね。でも、何をどうしたらっていうのは、ほんまに劇場の出番を1個1個しっかりちゃんと向き合ってっていうのの積み重ねなのかな、と思いますけど。

――ネタも、そこまで容姿のことを引っ張らないですよね。

河井 意識して、っていうわけじゃないんですけどね。ほんまやったら……。

稲田 フリで入れるくらい。

河井 うまいこと入れられるほうがいいのはいいな、とは思ってるんですけど。

稲田 ネタによってはメチャクチャ入れてるし。でも、毎回毎回そんなブサイクいじりばっかりやと、お客さんも胃もたれするんで。

河井 いじり始めたら、僕らの持ち時間である5分じゃ入りきらない。

――あえてつかみでとどめてっていう。

河井 そうですね、ほどよく……。

稲田 そんな感じですよね。35年ブスやから。35年は5分に収まらない。

12345

「ブスいじりは文化」アインシュタインが築き上げた、ブサイクいじりの“塩梅”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

中居正広”円満独立”の余波

中居クンが3月末でジャニーズ退所!新しい地図、キムタクとの関係は?
写真
人気連載

志村けん死去…大悟との寵愛関係

「ザ・ドリフターズ」のメンバーでタレントの志村け...…
写真
インタビュー

「7.22銃乱射事件」が映画化

 日本人にとって「3.11」は東日本大震災と福島第一原発事故を思い出させる重い数字と...
写真