日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 中東紛争を題材にした傑作映画
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.557

中東紛争を題材にした傑作バックステージもの 予期せぬ結末『テルアビブ・オン・ファイア』

 

検問所を舞台にしたコメディ映画『テルアビブ・オン・ファイア』。犬猿の仲のパレスチナ人とイスラエル兵が共同でドラマを執筆することに。

 笑ってはいけないシチュエーションほど、大きな笑いを生む。誰もが知っている笑いの鉄則だが、映画『テリアビブ・オン・ファイア』はそんな笑いの鉄則にぴったりハマった優れもののコメディだ。イスラエル・パレスチナ問題という超シリアスな題材をネタに、イスラエル人とパレスチナ人との間にある緊張関係を笑い飛ばすことに成功している。

 主な舞台となるのはイスラエルのテレビ局と検問所の2カ所。エルサレムで暮らしているパレスチナ人の青年サラーム(カイス・ナシェフ)はアラブ語の他にヘブライ語も話せることから、テレビドラマ『テルアビブ・オン・ファイア』のヘブライ語指導をしている。言語指導とはいっても、実際はペーペーの雑用係だった。その日の収録を終え、自宅に帰るために検問所を通ろうとしたサラームは、検問所を仕切るイスラエル軍の司令官アッシ(ヤニブ・ビトン)に職業を問われ、つい見栄を張り、『テルアビブ・オン・ファイア』の脚本家だと答えてしまう。

 コワモテな司令官アッシは、サラームの答えに興味津々。『テルアビブ・オン・ファイア』はイスラエル全土で人気となっており、アッシの妻や母も夢中になっていた。サラームが持っていた脚本を取り上げたアッシは「ドラマの結末を教えろ」「イスラエル軍のイメージがよくない。もっと紳士に描け」と次々と無茶ぶりをする。検問所を通してもらうため、「わかった」と安請け合いするサラームだった。

 劇中劇として描かれるテレビドラマ『テルアビブ・オン・ファイア』は、パレスチナ系のヒロインであるラヘル(ルブナ・アザバル)がフランス系ユダヤ人だと偽り、イスラエル軍の将軍イェフダにスパイとして近づくサスペンス。アッシから言われていたアイデアのいくつかをサラームは自分の意見として提案したところ、プロデューサーたちは「なかなかいいんじゃないか」と採用されることに。折から脚本家がプロデューサーや主演女優と揉めていたことから急遽降板。サラームは脚本家に昇格することに。それまで厄介でしかなかった検問所が、サラームにとっては脚本のアイデアをもらうための大切な場所となる。

123

中東紛争を題材にした傑作バックステージもの 予期せぬ結末『テルアビブ・オン・ファイア』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

Twitterでチケット転売はアリ?ナシ?

 6月に施行される「チケット転売規制法」を、弁護士法人ALG&Associates山...
写真