日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 剛力彩芽、心境を語るも厳しい声

剛力彩芽、「大切な人と…」現在の心境を語るも厳しい声「ポエムやめたら?」「説得力ない」

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

剛力彩芽

 女優の剛力彩芽が19日、自身のインスタグラムに投稿した内容が話題となっている。

 先日、前ZOZO社長の前澤友作氏と破局していたことが明らかになった剛力。今月2日には、女優業に力を入れていた頃を連想させるショートカット姿をインスタグラムに投稿するなどして注目を集めていた。

 そんな剛力はこの日、「試写に行ってきました、ギュウッて苦しくなったり心が温かくなったり。何気ない毎日を大切な人と過ごせるってとっても大切なこと。当たり前のようで当たり前じゃない そんな日々に感謝です」とつづったストーリー動画を公開した。

 この内容に対し、ネット上からは「次はもっといい恋愛できるといいね」「独身同士の大人の恋愛だったしこれからまた沢山恋してほしい」「大切なことを気づけたことだけでも、前澤さんと付き合い別れて正解だったと思う」といった励ましの声が多く寄せられている。

 その一方で、「もうこういうの載せないでいいよ…」「下手に投稿しないほうがいい気がする。関係ないことでも前澤と結びつけちゃうから」「何言ってんだ!それまでのインスタごっそり削除して、仕事も何もそっちのけのようにZOZOさんに走ったくせに」「どうせ後から恥ずかしくなるからポエムやめたら?」「あなたの言葉に説得力ない」といった厳しい声も。

 今後の活躍に期待する人もいれば、暴走気味だった恋愛中の剛力を思い出して厳しい意見を寄せる人もおり、賛否両論の結果となっていた。

 

最終更新:2019/11/22 06:00

剛力彩芽、「大切な人と…」現在の心境を語るも厳しい声「ポエムやめたら?」「説得力ない」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』レビュー

 超常現象の研究家として知られた米国人夫婦ロ...…
写真
インタビュー

三島由紀夫、柳美里…実在の人物を描いた小説の事件簿

 田山花袋が小説『蒲団』で女性の弟子への恋情を描いたこと、三島由紀夫が都知事選に...
写真