日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ダレノガレ、ハラに言及で賛否

ダレノガレ明美、元KARAク・ハラの死に悲しみの言及も賛否の声「面識ないなら利用しないで!」

 タレントのダレノガレ明美が、24日に遺体で発見されたKARAの元メンバーのク・ハラさんに言及した。日本でも人気の高かったハラさん。突然の逝去に悲しみの声が多く聞かれている。

 ダレノガレは同日にツイッターを更新し、「ク・ハラちゃん…なんで…」とショックを受けた様子を吐露。ク・ハラさんといえば親日家として知られており、韓国好きのダレノガレとは親交があったようで、「一緒に頑張ろうね!猫の話沢山ごはん食べながら話そ!って言ってたのに…実現する前に…」と以前交わした約束を振り返っていた。

 さらにダレノガレは「ハラちゃん…嫌だよ」と悲しみをつづりつつ、「1日前にもどって彼女のそばにいたかった」と後悔も。次のツイートでは、「ん…つらい」と胸の内を明かしていた。

 このツイートにダレノガレのツイッターには、「悲しいですね」「自分を責めないで」といった声が集まっていたが、一方ネット上では、「こういうコメントをわざわざ考えてSNSで発信するのって、どんな意図があるんだろう…」「発信しないで心の中で思っていてほしかった」「人の死までいちいちSNSに書かなくていいと思う」「面識ないなら利用しないで!」といった厳しい声が寄せられていた。

 ク・ハラの突然の死に大きなショックを受けた人も多かっただけに、ダレノガレのツイートはデリケートに響いたようだ。

最終更新:2019/11/27 07:00
関連キーワード

ダレノガレ明美、元KARAク・ハラの死に悲しみの言及も賛否の声「面識ないなら利用しないで!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

20代女性が7割の「パパ活」アプリ

 渡部篤郎主演、野島伸司脚本でドラマ化された『パパ活』(2017)のヒット以後、「パパ...
写真