日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『ノーナレ』に見る家族のカタチ

養子縁組、ハンセン病、虐待……NHK『ノーナレ』に見る、家族のカタチ

NHK公式サイトより

 25日放送のNHK『ノーナレ』で、養子縁組したある家族が取り上げられた。

 東村山市に住む山内きみ江さん(85歳)は、ハンセン病を患ったことを理由に子どもを持つことが許されなかったつらい経験を持つ。

 貧しい農家に三男五女の三女として生まれたきみ江さんさんは、小学3年生のころにハンセン病を発症。時にそんな体に産んだ両親を恨み、年頃になり同世代の女性が結婚したと聞くと寂しくてたまらなかったという。

 その後、家族や友人と引き離され、療養所に入所させられたきみ江さんは、”断種”を条件に、同じ入所者だった夫と見合い結婚をした。当時療養所では、子どもを持つことは許されなかったのだ。しかも夫は肝硬変を患っており、ベッドに寝た切りの状態で、医師から告げられた余命はわずか4年。断種手術により、余命がさらに短くなることも心配されたが、「俺だって男だ」と、手術を受けたという。

 子どもが欲しくてたまらなかったというきみ江さんだが、67歳のときに転機が訪れる。日頃お世話になっているお寺から、「もうすぐ高校を卒業する里子のひとりを養子にして引き取らないかと」と申し入れがあり、マユミさんを養子として迎えることになったのだ。

 マユミさんは物心ついたときには、すでに兄と共に施設に預けられていた。一度だけ母が訪ねてきたというが、記憶に残っていない。さらにその母は施設の前で焼身自殺を図った。その後、お寺に預けられ、ほかの里子4人と共に育つ。

「今さら家族が変わることは嫌じゃなかったし、今度は山内さんとこね、くらいの感じでした。“やった、東京に行ける”って」

 お寺での厳しい生活から解放され、髪を染めたり、ピアスの穴を開けたり、自由を謳歌し始めたマユミさん。特に父親はマユミさんをかわいがり、「お金が足りない」と泣きつけば、「しょうがないな。お母さんには内緒だぞ」と出してくれたという。

 時にはケンカもしながら少しずつ親子の距離を縮める中、事件が起きる。マユミさんが21歳のとき、妊娠が発覚したのだ。当時付き合っていた2歳年下の男性は、妊娠を告げるとマユミさんの元から去った。 産みたいけど、経済力はないし、どうしたらいいのかわからない――神にもすがる気持ちで母親(きみ江さん)に相談した。

12
関連キーワード

養子縁組、ハンセン病、虐待……NHK『ノーナレ』に見る、家族のカタチのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

戸田恵梨香、イケメン俳優と密会

 令和初となるNHK朝の連続テレビ小説『スカ...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【後編】

(前編はこちら)  作家・塩田武士が上梓した『歪んだ波紋』は、ネットによって無秩序に広...
写真