日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 板野友美、歌手受賞で公開処刑

選者は聴いたことあるの⁉ 板野友美、WEIBO『グッドシンガー賞』で“公開処刑”に

板野友美

 中国最大のソーシャルメディア『WEIBO』(ウェイボー)で活躍し、中国で大きな影響力を持つ日本の著名人らを表彰する『WEIBO Account Festival in Japan 2019』が11月28日に都内で行われた。

 日本開催2回目となる今回の受賞者は、以下のとおり。

『人気俳優賞』竹内涼真

『人気アイドルグループ賞』乃木坂46(松村沙友理、新内眞衣)

『躍進俳優賞』志尊淳

『注目俳優賞』千葉雄大

『話題女優賞』西野七瀬

『マルチアーティスト賞』斎藤工

『ファッションタレント賞』小嶋陽菜

『グッドシンガー賞』板野友美

 どの受賞者も納得のいく顔ぶれだが、どうにも違和感を覚えるのが板野の『グッドシンガー賞』だろう。

「板野といえば7月に昨年の日中平和友好条約締結40周年を記念し、日本と中国が合作した映画『徐福~永遠の命を探して~』に主演。11月23、24日には上海ライブを開催するなど中国のエンタメに貢献しているとも言えなくはないが……」と言って、芸能ライターが続ける。

「AKB48を卒業後は歌手活動をメインとするも、リリースする曲のセールスは爆死続き。今年2月に約1年ぶりに発売した11thシングル『すき。ということ』はオリコンの最高週間ランキング29位という有り様でした。そのため、ネット上では『曲名すら一つも出てこない奴が大半だろう』『たぶん選んだやつも曲名言えない』『日本もそうだけど、こんな出来レースしてっから音楽産業が廃れるんだよ』といった皮肉が飛び交っています。よく見れば女性の受賞者は全員、“秋元康案件”ですから、恣意的なものを感じますね」(芸能ライター)

 そんな板野はAKB48時代には『ベストジーニスト2010』『第1回日本ウエディングベストドレッサー賞』『日本メガネベストドレッサー賞 特別賞』などを受賞している。

「とはいえ、売りたいがために実績ないのに賞をもらっても、これでは完全に公開処刑。イロモノ扱いされているようで、かわいそうな気もしますね」(前出・芸能ライター)

 とりあえず、板野が「まだ芸能活動をしている」ということはアピールできただろう。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/09 14:59

選者は聴いたことあるの⁉ 板野友美、WEIBO『グッドシンガー賞』で“公開処刑”にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

韓国芸能界の非道な仕組み

今週の注目記事・第1位「KARAク・ハラを追...…
写真
インタビュー

朝倉兄弟がRIZINメインへ

   朝倉兄弟がこの夏、いよいよ主役に躍り出る!――総合格闘家の朝倉未来 (みくる・...
写真