日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > AKB48上位独占も知らない?

AKB48が年間売上トップ3を独占も「曲もメンバーも知らない」と困惑の声

文=日刊サイゾー

AKB48

 今年度ナンバーワンでもお茶の間への浸透度は……。

 12月6日、『ビルボードジャパン』が2019年イヤーエンド・チャート全9部門の受賞楽曲・アーティストを発表。年間シングルセールスチャートでは、AKB48『サステナブル』が首位を獲得した。

「同曲は166万8,436枚を売り上げ、AKB48は4年連続で同チャート首位を獲得。2019年は総選挙を行わなかったものの、2位以下に20万枚以上の差をつけています。2位、3位もAKB48で、4位、5位は乃木坂46、7位は欅坂46、9位は日向坂46、10位はSKE48と、秋元康プロデュースのアイドルグループの独壇場となりました」(音楽ライター)

 しかし、トップ3が『サステナブル』『ジワるDAYS』『NO WAY MAN』と言われて、はたしてどれだけの人がピンと来るのだろうか。実際、ネット上では「マジで聞いたことも見たこともない」「歌どころか誰がいるかもわからん」「投票券無しでもこれか」「太客様がどれだけ買い占めてるんだよ」と、驚いた人が多いようだ。

「曲が売れているのでなく、握手券が売れているだけという批判は毎度のことです。日本レコード大賞候補となる優秀作品賞に『サステナブル』がノミネートされていますが、事前予想ではFoorin『パプリカ』と欅坂46『黒い羊』の一騎打ちとの声が多い。また、今年のNHK紅白には、坂道グループが3組入る一方で、48グループからは“本店”のみが選出。今年はNGT48の騒動があったことで48グループの“支店”メンバーは蚊帳の外となりそうです」(前出・音楽誌ライター)

 本来、売上ナンバーワングループであれば「目玉」扱いされるものだが、なんともさびしい限り。12月8日には最後の1期生だった峯岸みなみも卒業を発表。AKB48はこのまま「一人も名前を知らないけどめちゃくちゃ売れている」グループとなってしまうのだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/13 14:52

AKB48が年間売上トップ3を独占も「曲もメンバーも知らない」と困惑の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

強権的な指導者を好む若者増加

 アメリカの調査機関ピュー・リサーチ・センターによれば、世界の多くの国で軍事政権に対...
写真