日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 菅原りこをスポニチが完全スルー

あの写真が原因? 元NGT48「山口派」菅原りこの名前をスポニチが完全スルーの不可解さ

菅原りこオフィシャルサイトより

 はからずも、エイベックスとスポーツニッポンの“確執”が浮き彫りとなった格好だ。

 三谷幸喜氏作の舞台『罪のない嘘』の記者会見が12月3日に都内で行われた。

 高級マンションを舞台にしたシチュエーションコメディーで、出演の佐藤B作、片岡鶴太郎、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、鈴木杏樹、小林麻耶、あめくみちこ、元NGT48の菅原りこが登壇した。

 そんななかメディアが注目していたのが、佐藤の娘役を務める菅原。NGT48の1期生メンバーで、昨年12月に山口真帆が暴行被害にあった件では長谷川玲奈と共に山口に寄り添い、今年5月に3人一緒にNGT48を卒業、現在はエイベックス・マネジメントに所属している。

「会見を報じたメディアの多くが、菅原にスポットを当てて記事にしていました。しかし、スポニチだけは出演者を羅列する際にも菅原の名前を出さずに、完全スルーしていたのです。スポニチといえば、今年10月に山口と襲撃グループの主犯格とされた男性との2ショット写真を独占入手したとして、大々的に掲載。2人に“繋がり”があったのではないか指摘していた。これに対し山口は、スポニチを名指しして『名誉棄損すぎる』と反論。裁判の当事者しか持っていないはずの写真が流出したことで、ファンの間でもスポニチはNGT48運営サイドの御用メディアとの認識が広がっていました。そのため、スポニチは山口側である菅原の活躍を報じることを避けたのかもしれません」(芸能ライター)

 実は、以前にもスポニチの「菅原報道」には不自然な部分があったと、アイドル誌ライターが明かす。

「菅原は11月23日に19歳の誕生日を迎え、自身のツイッターで抱負を語っていました。その内容を報じた各紙のネット媒体の画像には、エイベックスから『提供』された彼女の近影が使われていました。しかし、スポニチだけは昨年のNGT48時代の写真が使われていたのです。おそらくは、襲撃グループの男との2ショット写真を掲載したことでエイベックス側の不信を買ったため、写真の使用許可が出なかったのでは。その伏線があったから、舞台の報道であえて菅原の名前を外した可能性もありそうです」

 菅原には偏向する大手メディアも黙殺ができないほど、大きく羽ばたいてもらいたいものだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/13 14:46

あの写真が原因? 元NGT48「山口派」菅原りこの名前をスポニチが完全スルーの不可解さのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

戸田恵梨香、イケメン俳優と密会

 令和初となるNHK朝の連続テレビ小説『スカ...…
写真
インタビュー

M-1予選で注目浴びた赤もみじ

 コントのザ・マミィ、漫才の納言。今、波に乗る2組に注目芸人をたずねたところ、くしく...
写真