日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 長谷川京子写真集本当の見どころ

大胆ショットで騒然!? 長谷川京子写真集、本当の見どころと“裸一貫”の意味とは?

文=日刊サイゾー

インスタグラム:長谷川京子(@kyoko.hasegawa.722)より

 女優の長谷川京子が11月26日に発売した写真集『Just as a flower』(宝島社)が好調だ。彼女にとっては16年ぶりの写真集だが、初週のオリコン週間写真集売り上げランキングでは2位にランクイン。男性陣からは、そのセクシーさに感嘆の声が上がっている。

 10代の頃からモデルとして活躍し、その後女優としても数々のヒット作に出演してきた長谷川。ここ最近は、トークバラエティ番組『グータンヌーボ2』(カンテレ)のMCとして、田中みな実、滝沢カレン、西野七瀬の“4姉妹”の長女となってトークをリードする彼女は、性別を問わず憧れの対象となる存在だが、写真集は思いの外、大胆だった。写真集をチェックした40代男性がいう。

「トップ女優の写真集ですから、どうせ肌の露出は少なめで、バリバリに修整されているものかと思いきや、全然違いましたね。私は週刊誌で先行公開された画像に食いついて写真集をチェックしましたが、胸やヒップなどかなり大胆に露出していますし、バストトップらしき部分が映っているショットが何点もあります。また、男心をそそられるのが、修整が甘いところです。ホクロやシワがばっちり映っている上、背中の毛穴や鳥肌が立った肌や妊娠線らしきものも修整なしで掲載されており、美人女優の生活感みたいなものが見れて、妙に興奮しましたね」(40代男性)

 あえて名前は挙げないが、女性芸能人の中には、写真1点あたり数十か所の修整を求める者がいるのは今や周知の事実。さらに画像編集ソフトで体型や足の太さ、胸の大きさまでイジるのだから、もはや絵のようなものだ。そういった点では、修整を最小限にとどめた長谷川の写真集は“自信の表れ”とも読めるが、そもそも売れっ子の彼女が、なぜ大胆な写真集を発売する必要があったのか? 女性誌の記者はいう。

「長谷川は2008年にロックバンド『ポルノグラフィティ』のギタリスト・新藤晴一と結婚し、2児を授かっています。13年にはベストマザー賞ももらいましたが、15年に『フライデー』で夫の浮気が報じられました。その後2人は、都内の有名私立小学校の入学式に参加したところを目撃されていますが、浮気報道はお受験の真っ最中でしたから、長谷川は呆れ果てたのは間違いないでしょう。子どもの受験が一段落し、大胆写真集を発売したとなれば、いよいよ夫婦関係は清算すると見るのが妥当なところ。しかも今回の写真集は『家庭がありながらも出会ってしまった不可抗力な恋愛』がテーマですから、完全に離婚フラグです」(女性誌記者)

 文字通りいろいろなものをさらけ出したハセキョーの40代は、まさに“裸一貫”での勝負になりそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/17 14:34

大胆ショットで騒然!? 長谷川京子写真集、本当の見どころと“裸一貫”の意味とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

東海テレビが捉えた報道の自画像

 昨年から、放送関係者の間で「絶対見たほうがいい」と「裏ビデオ」のように出回り、さまざ...
写真