日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > KISSが見据える襲名ビジネス

日本さよならツアー中のKISS、その先に見据える再現芸術としての“襲名ビジネス”

文=日刊サイゾー

KISS来日公演特設サイト

 バンドはメンバーが年を重ねれば、やがては引退するのが宿命だが、現在日本ツアー中の世界的人気ロックバンドのKISSが、その常識を覆すプランを用意。世界中の音楽関係者から熱い視線が送られている。

 1970年代から活躍する米出身のロックバンドKISS。シングルやアルバムの総売り上げは1億枚を超え、2014年には「ロックの殿堂」入りを果たしている。現在彼らは日本ツアーの真っ最中だが、見どころはこれが最後の日本公演だということだ。長らく世界のトップに立ってきた彼らだが、今回のツアータイトルは「END OF THE ROAD」。日本ツアーのポスターには「さらばKISS」「最後の日本公演」の文字が記されている。レコード会社の関係者がいう。

「1970年代、日本ではKISS、QUEEN、AEROSMITHの3バンドが人気でしたが、とりわけ人気が高かったのがKISSです。今や邦楽でも東京ドームでライブができるアーティストは数えるほどしかいませんが、KISSは前回の来日時も東京ドームでライブをやっており、今回のさよならツアーでドーム公演は4回目。映画があれほど大ヒットしたQUEENでも、来年1月のライブ会場は、さいたまスーパーアリーナですから、KISSの日本での人気ぶりが分かると思います。

 ビリー・ジョエル、フィル・コリンズ、オジー・オズボーンなど、欧米のミュージシャンは引退宣言しながらカムバックする例が多く、KISSも過去に引退ツアーをやりながら復活しましたが、メンバーはもうすぐ70代ですから、今回は本当に引退でしょう」(レコード会社の関係者)

 若者でも2時間近いライブをやるのは大変だが、KISSの場合、メイクや衣装、さらにハードロックという音楽性も身に堪えるに違いない。しかし彼らには次のプランが用意されている。ハードロックに詳しい音楽ライターがいう。

「KISSは昔から商売上手なことで有名ですが、そんな彼らがずっと温めてきたプランが“襲名”です。KISSの中心メンバーはポール・スタンレーとジーン・シモンズですが、そのプランは、“2代目 ポール・スタンレー”“2代目 ジーン・シモンズ”を襲名させ、KISSの名前のまま活動していくというもの。こうすればKISSというコンテンツで永遠に商売ができますし、オリジナルメンバーにもお金が入ります。これには『メイクをしているKISSだからこそできる』という意見もあるでしょうが、今やCDが売れず、ライブ収益に頼らざるを得ないアーティストにとって、非常に魅力的な手法です。

 これとはやり方が違いますが、音楽関係者が優れたビジネスモデルとして注目しているがモーニング娘です。モー娘は、メンバーをどんどん入れ替えながらも『モーニング娘』という“器”をしっかり残すことで、永遠に続けられる形を作りました。KISSモデルにせよ、モー娘モデルにせよ、成功するのはなかなか難しいでしょうが、うまくいけば旨味がとにかく大きいだけに、今後あとに続くアーティストはどんどん現れるでしょう」(音楽ライター)

 クラシック界のように、ポップミュージックが再現芸術に変わっていくのも時間の問題のようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/17 14:38
関連キーワード

日本さよならツアー中のKISS、その先に見据える再現芸術としての“襲名ビジネス”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

ザ・マミィ第8世代コント

 注目芸人を集めた『ツギクル芸人グランプリ2019』(フジテレビ系)で優勝を果たし、...
写真