日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 沢尻エリカ、更生へ支援の違和感

なぜ即刻クビじゃない? 沢尻エリカ、エイベックス「更生するための支援する」の違和感

文=日刊サイゾー

沢尻エリカ

 合成麻薬MDMAを所持していたとして麻薬取締法違反で起訴された沢尻エリカ被告。保釈時にマスコミの前に出て挨拶をすることはなかったが、その後、所属するエイベックス・マネジメントを通じて文書でコメントを発表した。

 沢尻は文書の中で関係各所に対して謝罪するとともに、「今後、違法薬物と決して関わりを持つことのないよう、人間関係を含めたつながりを一切断つことを固く決意し、専門家の指導も受けて、立ち直ることをお約束します」とコメント。その第一歩として、保釈後は医療機関に向かったという。

 また、エイベックス・マネジメントも公式サイトにおいてコメントを発表。「皆様におかれましては様々なご意見があるとは存じますが、弊社といたしましては弁護士を含めた専門家の指導の下、本人を更生するための支援をいたします」と、沢尻の今後をサポートする意向であると述べている。

「今回のエイベックスの動きは、芸能人に対してセカンドチャンスを与えるという意味では、正しいものだったといえるでしょう。近頃は、“薬物逮捕で即解雇”というパターンも少なくないし、薬物に限らず重大なスキャンダルの“疑惑段階”で解雇されてしまうこともありますからね。責任を持ってマネジメントをするという意味では、当然の対処法なのかもしれません」(芸能事務所関係者)

 エイベックスの所属タレントによる薬物事件は今回が初めてではない。2009年には押尾学が麻薬取締法違反と保護責任者遺棄罪で有罪判決を受けている。

「押尾の事件が公になる直前に、エイベックスは押尾との契約を解除しています。死者が出ている事件なので、沢尻の件と簡単に比較できるものではないのですが、沢尻も押尾同様に解雇という形になる可能性は高いのではないかという見方が強かったのも事実です」(同)

 押尾と沢尻には、薬物以外にも共通点がある。

「2人とも、元々は別の事務所にいて、そこからフリーの時間を経て、エイベックスに移籍したという形。いわば、エイベックスは他の事務所を追いやられたトラブルメーカーの受け口になっているということです。裏を返せば、そもそもトラブルメーカーであることはわかっていたはずで、さらには、薬物使用疑惑は以前からあった。しかも、押尾での失敗があったのだから、沢尻の件についてはこんなことにならないようにエイベックス側がもっと厳しく行動を管理するべきだったとの指摘も多い。業界内では“やっぱりね”という声が多いわけで、予想できたシナリオを回避できなかったエイベックスは、少々お粗末だったと言わざるを得ない」(音楽業界関係者)

 エイベックスが沢尻をサポートし続けるのは、上手くコントロールできなかったことに対する負い目からなのだろうか。

「エイベックスとしては、沢尻を残すことに対するメリットなどあまりない。沢尻に対する責任感が働いているのは間違いないでしょう。あるいは、どうにかして沢尻をコントロールできる状況に置いておきたい特別な理由があるのかもしれない。沢尻を自由にさせたら、エイベックスが損をするような何かがあるとか……」(同)

 いずれにしろ、沢尻が今後女優としてまた表舞台に立てるかどうかは、エイベックスのさじ加減次第といったところか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/11 12:00

なぜ即刻クビじゃない? 沢尻エリカ、エイベックス「更生するための支援する」の違和感のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

完全終了!? テレ朝『報ステ』

 テレビ朝日が、夜の看板報道番組『報道ステー...…
写真
インタビュー

ラリー遠田が語る『平成お笑い史』

 3月15日、お笑い評論家のラリー遠田の著書『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴ...
写真