日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > JO1の20年デビューは無謀!?

日本版PRODUCE 101発「JO1」の2020年デビューは無謀? 業界はジャニーズ忖度になるしかない!?

文=日刊サイゾー

Produce 101 Japan公式サイトより

 韓国のオーディション番組『PRODUCE 101』の日本版『PRODUCE 101 JAPAN』最終回が12月11日、TBS系で生放送され、ボーイズグループ「JO1」のメンバー11人が決定した。

『PRODUCE 101』シリーズと言えば、過去の放送において不正投票が発覚し、プロデューサーらが韓国で逮捕されるという大スキャンダルの舞台となった番組。その日本版となる『PRODUCE 101 JAPAN』でも視聴者投票を実施して、合格者を決定することとなったが、韓国版とは独立した運営となっているため、不正は行われていないと報告されていた。

 今回合格した日本出身の11人は、ボーイズグループ「JO1」として2020年のメジャーデビューが確約されているほか、ソフトバンクのCM出演も決定。大ブレイクが予想されるが、大きな壁となるであろう存在が、ジャニーズ事務所だ。

 日本におけるメジャー男性アイドル市場をほぼ独占していると言っても過言ではないジャニーズ事務所。他事務所からボーイズグループがデビューしても、メディアへの出演機会を与えられないままのことも珍しくない。

「よくジャニーズ事務所の圧力があって、他事務所の男性アイドルが出られないと言われますが、具体的な圧力があることはほとんどありません。多くのケースが、メディア側の忖度です。ジャニーズとの良好な関係を保っておきたいから、ライバル事務所の男性アイドルをあまり使わないというケースが増えるんです」(テレビ局関係者)

 では、来年デビューするJO1に対して、業界内ではどういった動きになるのだろうか。

「まず、ジャニーズとK-POPについては、共存が可能だとも言われています。ジャニーズの主戦場はバラエティーとドラマで、そこにK-POP勢がガッツリ食い込んでくることはまだないので、共存できるというわけです。JO1については、全員日本人ですが、K-POPオーディション番組出身だし、売り出しやプロデュースの方向性などは完全にK-POP。そういう意味では、JO1とジャニーズの共存は意外といけそうな気もします」(音楽業界関係者)

 しかし、JO1がデビューする2020年は、ジャニーズ事務所にとって特別な1年であり、その影響は無視できない。

「2020年には、SixTONESとSnow Manという2組のジャニーズJr.内ユニットが同時にメジャーデビューします。しかも、海外を視野に入れたグループだと言われているので、これまでのグループよりもK-POPを意識している部分が多いはず。つまり、この2つのグループにとってJO1は完全なライバルになるので、ジャニーズとしてもJO1を無視できないと思うんですよね。JO1が大ブレイクしてしまわないように、ジャニーズ事務所側が動くという可能性もあると思います」(前出・テレビ局関係者)

 さらに、2020年には、ジャニーズによって、新グループのデビュー以上に重要な出来事もある。嵐の活動休止だ。

「2020年の後半は、“嵐のラストイヤー”として、とんでもなく盛り上がっていくでしょう。絶対に2020年の主役は嵐にしなければならない。ジャニーズ事務所はそのためならどんなことでもするはずで、多くのメディアはジャニーズに追随していく可能性が高い。自然とライバルグループの出番は削られるだろうから、JO1が入っていく余地はあまりないと思います」(同)

 ジャニーズ事務所という大きな存在を目の前にして、JO1の戦いはなかなか難しいものとなりそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/14 12:00

日本版PRODUCE 101発「JO1」の2020年デビューは無謀? 業界はジャニーズ忖度になるしかない!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

『死霊の盆踊り』ほか珍作映画

 日本におけるサイテー映画の歴史の発火点となったのが、米国映画『死霊の盆踊り』(原題...
写真