日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 二宮、宮迫、沢尻映像NGで混乱

テレビ各局が悲鳴「今年の芸能ニュースBEST3」嵐・二宮、宮迫、沢尻の映像が使えず大混乱

文=日刊サイゾー

沢尻エリカ

 2019年も終わりに近づき、テレビ各局は特番の準備に大忙しだ。

 年末の定番企画といえば、「2019芸能ニュースベスト10」といった振り返りもの。今年の重大芸能ニュースを3つ挙げろと言われれば、どの芸能リポーターも嵐・二宮和也の結婚、雨上がり決死隊・宮迫博之をはじめとする吉本芸人による闇営業騒動、沢尻エリカの薬物逮捕と口を揃えるところだろう。

 ある意味、例年以上のインパクトのあるテレビ的には「おいしい出来事」のようにも思えるが、ワイドショー関係者らはみな頭を抱えているという。

「二宮に関しては、ジャニーズサイドから嵐メンバーとの5ショットの映像使用NGが通達され、お相手の元フリーアナの名前も顔を出せないことになっている。ここにきて結婚に猛反対したメンバーとの亀裂も囁かれ始めていて、非常に扱いにくい。同様に闇営業のほうも、宮迫の謝罪会見の映像使用を吉本サイドがNGに。さんまの後ろ盾を得た宮迫に、いまだ所属タレントという立場の吉本が圧力をかけたということなのでしょうが、あれを流さずに構成するのは難しいですね」(制作会社関係者)

 となれば、メインは沢尻となるのか。

「それも雲行きが怪しくなってきてしまった。沢尻は自宅で発見された薬物について、逮捕時から『私のものに間違いありません』と認め、使用についても『初めて違法薬物を使ったのは10年以上前で大麻やLSD、コカインも使った』と供述しています。しかし、尿検査がシロになるなど、起訴できるほどの物証がない。また彼女の弁護団には、日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告らを担当し、『無罪請負人』として知られる敏腕弁護士も加わっています。今後、供述を翻す可能性もあり、扱い方もトーンダウンせざるを得ません」(前出・制作会社関係者)

 この調子だと、芸能ニュースなのに目玉は、ラグビーW杯と渋野日向子となりそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/24 14:53

テレビ各局が悲鳴「今年の芸能ニュースBEST3」嵐・二宮、宮迫、沢尻の映像が使えず大混乱のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

“第7世代の刺客”DJ松永に熱視線

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

瓜田『若おかみは小学生』を見て怒る

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(38)が森羅万象を批評する不定期連載。今回の...
写真