日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 川越シェフ、3年ぶりテレビ復帰

“水事件”で干された川越シェフ、3年ぶりテレビ復帰はキムタクドラマの人気に便乗か

文=日刊サイゾー

イメージ画像

 12月23日に放送される『お願い!ランキング年末特別編 復活!美食アカデミーSP』(テレビ朝日系)で、イケメン料理人“川越シェフ”こと川越達也氏が3年ぶりにテレビ復帰するという。

「放送では、大手コンビニチェーンが2019年に発売したオススメ商品10品を辛口採点。久々の番組収録に川越氏は、『3年間は長いようで短かったのですが、腕も舌も落ちていなければいいなあ』と語り、かなり緊張していたようです」(芸能ライター)

 番組内では、現在長野に住みながら子育てをしていることや、レストランのプロデュース業を始めたことも報告されるという。大ブレイク中だった川越シェフが突如テレビから消えたのは、ある失言が原因だったとされている。

「お店で注文していないミネラルウォーター代800円を請求されたと飲食店評価サイトのレビューに書き込まれたことに対し、『年収300万円、400万円の人は“お水にお金がかかるような高級店”には行ったことがないはず』と反論。これが庶民をバカにしていると受け取られ、世間から大バッシングされてしまいました」(週刊誌記者)

 そんな「嫌われ者」を、あえてテレ朝が番組復帰させようとしたのはなぜなのか。

「現在、放送中の、木村拓哉主演のドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)の影響があったのでは。同ドラマは視聴率11~14%前後(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とヒットしており、SNSでは『美味しいフレンチが食べたい』『グランメゾン東京見てるとお腹がすく』『ドラマに出てきた『鹿肉のロティ』が食べたい』といった書き込みが噴出しています。テレビ各局も“料理モノにハズレなし”を再認識したようで、料理企画を出すよう指示が飛んでいる。川越シェフとキムタクは年齢も同学年ですし、相乗効果を狙った可能性もある。ドラマではナッツ事件で干された木村ですが、水事件で干された川越シェフとキャラが被る気もしますね(笑)」(テレビ関係者)

 ミシュランの星を狙う高級店の『グランメゾン東京』では、水はおいくらなのか気になるところだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/24 15:00

“水事件”で干された川越シェフ、3年ぶりテレビ復帰はキムタクドラマの人気に便乗かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

日本社会を縛る“世間様”の圧力

 ふとしたときに「世間様っていうのはおっかね...…
写真
インタビュー

話題の“伝説の不良”の素顔

 平成最後の年の暮れ。『歌舞伎町 阿弥陀如来』という自らの半生を綴った著作を刊行し、...
写真