日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 木下優樹菜、夫のせいで法廷闘争

木下優樹菜が法廷闘争へ!? タピオカ店オーナーに許されない遠因は「フジモンのテレビ活動」

文=日刊サイゾー

木下優樹菜

 2020年は法廷闘争が注目を浴びそうだ。

 12月24日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が、木下優樹菜に恫喝されたタピオカ店オーナーを直撃取材。事態はいまだ収束に向かっていないことがわかった。

「11月に木下が夫のFUJIWARA・藤本敏史と彼女の母親の3人で、オーナー宅に謝罪に訪れたことが報じられていますが、そのときは不在で、今でも直接の謝罪ができていない状況のようです。『週刊女性』の直撃を受けたオーナーは弁護士を立てていると明かし、訴訟準備も視野に入れていることがわかりました。木下の所属事務所としては、とにかくタピオカ店のオーナーと和解することが芸能界復帰の最低条件と考えている。法廷闘争ともなれば、時間的に長引くうえに、恫喝した経緯や内容までマスコミなどに明らかになってしまう。そうなれば、木下は事実上の引退に追い込まれる可能性もありそうです」(週刊誌記者)

 タピオカ店のオーナーが和解の方向に向かう気になれない遠因は、藤本の周囲の芸人たちの“KYないじり”にもある、と指摘するのは芸能関係者だ。

「当初、大手メディアはこの件をタブー扱いしていましたが、木下が活動自粛して以降は堰を切ったように解禁。藤本が番組に出演するたびにこのネタをいじられるようなった。『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)ではロンドンブーツ1号2号・田村淳や有吉弘行が、騒動をネタにし、『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)では上沼恵美子が『夫がお笑い。お笑いが陰気な空気をスタジオに持ってくる』と語って笑いを取っていました。藤本自身もどんなテンションでいればいいかわからないようで、いじられても『すみませんでした!』と頭を下げるだけ。しかし、ネタにされるたびにネット上で批判を呼びますし、ネタにされたタピオカ店のオーナーが不快な思いでしかないはず。二次被害を受けている中で、木下を許そうなどという気持ちにはとてもなれないでしょう」

 和解できるまでは、藤本も完全に活動自粛したほうが良さそう?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/26 10:30

木下優樹菜が法廷闘争へ!? タピオカ店オーナーに許されない遠因は「フジモンのテレビ活動」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

『ポップスター』無垢な少女の変貌

 炎上タレントと呼ばれる人たちがいる。一般モ...…
写真
インタビュー

人口流出の自治体がみるべき現実

 いま日本各地で注目を浴びる「地方創生」。2020年からは、政府が策定する「まち・ひ...
写真