日刊サイゾー トップ > スポーツ > オリンピック  > 年末年始、最も旬な人は?

稲垣啓太に渋野日向子も!? この年末年始、テレビに出ずっぱりの“最も旬な人”は誰か?

文=日刊サイゾー

日本ラグビー協会公式サイトより

 年末年始はテレビも特別編成。どのチャンネルに合わせても顔を見かける“旬な人”を毎年必ず見かけるが、2019~2020年はいったい誰なのか?

 各局とも視聴率が伸び悩む昨今のテレビ業界だが、年末年始は俄然存在感を発揮する時期だ。『NHK紅白歌合戦』や『箱根駅伝』(日本テレビ系)などは視聴率が30%以上にも達し、まさに国民的イベントだが、テレビマンにとっては新しい年を占う重要な時期でもある。芸能事務所関係者がいう。

「年末年始は局の気合の入り方が普段とは別物。ブッキングするタレントも、その時、一番数字が取れる人が呼ばれます。2019年の正月で言えば、滝沢カレンやくっきー!、2018年はサンャイン池崎、加藤一二三、2017年はりゅうちぇる、2016年はとにかく明るい安村が出まくっていましたね。関係者にとっては、タレントの人気ぶりを確認する絶好の機会です」(芸能事務所関係者)

 話題性としては、直前に放送される『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)で優勝した芸人がもっともホットだが、スペシャル番組の多くは『M-1』より前に収録済みで、生放送の番組以外は間に合わない。2020年の正月は、誰の顔を頻繁に目にすることになるのか? キー局の制作関係者はいう。

「お笑い系では四千頭身・後藤、宮下草薙らが人気で、2020年の本格的ブレイクは待ったなし。芸人と言えばハイテンションが当たり前ですが、来年はテンションの低い芸人が脚光を浴びそうです。女性では朝日奈央、夏菜、丸山桂里奈が大人気ですね。3人とも芸人との相性が良く、特に朝日はかなり色々な番組で見かけることになりそうです。

 一方で、年末年始はスポーツ選手が引っ張りだこですが、今年はサッカーと野球は無風。代わりにW杯で日本を盛り上げたラグビー選手がその枠に入りそうです。ドレッドヘアーの堀江翔太、医師を目指す福岡堅樹、“松ちゃん似”の中島イシレリらが人気ですが、一番人気は“笑わない男”の稲垣啓太。やはり、バラエティで使いやすいネタがあるのは強いです。ただ、稲垣以上に需要がありそうなのは、女子ゴルフの渋野日向子。紅白の審査員にも呼ばれた他、とにかくオファーが殺到していて、関係者の交通整理が大変のようです。まさに“2019年の顔”ですね」(同上)

 来年は東京五輪イヤーなので、旬な人物の顔ぶれはまたガラリと変わるはず。数年後にはすぐに「あの人は今?」になってしまうのだから、稼げる時に稼ぐべし?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/28 22:00

稲垣啓太に渋野日向子も!? この年末年始、テレビに出ずっぱりの“最も旬な人”は誰か?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』レビュー

 超常現象の研究家として知られた米国人夫婦ロ...…
写真
インタビュー

動物の交尾やマリファナをモチーフのスノードーム

 こぶし程度の小さなガラスのドームの中に、雪を舞わせて幻想的な世界を作り出す――。年...
写真