日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 山P&ガッキー共演はない!?

山P&ガッキー共演はもうお預け!? ジャニーズがフジテレビに大激怒のワケ

文=日刊サイゾー

山下智久

 フジテレビでの共演はなさそうなだけに、ファンのTBSへの期待値は大きくなっている。

 2005年に阿部寛主演でドラマ化された『ドラゴン桜』(TBS系)の続編が来年7月期に決定したという。テレビ誌ライターが明かす。

「主演は、前作で生徒役だった長澤まさみが演じ、教師となって母校に帰ってくる内容になるようです。同ドラマは他にも、山下智久や新垣結衣など、今や主役級の俳優が出演していましたから、ドラマファンからは『友情出演でいいからガッキーと山Pにも出て欲しい』との声が上がっています」(テレビ誌記者)

 そんな山下や新垣の、もう1つの代表作といえば、『コード・ブルー』(フジテレビ系)シリーズである。同ドラマは昨年、映画化もされ、邦画No.1ヒットに。

 そして今年の12月には、地上波初放送となったわけだが、フジに対してジャニーズ事務所がお怒りだという。

「映画『コード・ブルー』の地上波初放送は、大ヒット作ということもあり、高視聴率が期待されていました。しかし、フタを開けてみれば、12.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と物足りない数字で、たいして話題にもなりませんでした。12月25日の『覚醒ナックルズ』によると、この原因は編成ミスにあるようです。放送当日、フジはフライトドクターのドキュメント番組と合体させて『4時間SP』として放送したため、内容を勘違いしてチャンネルを変えた視聴者が多かったとのこと。この失態に対し、ジャニーズは『なぜこんな編成にした! うちの山下の大作にドロを塗る気か!』と担当者に激怒したそうです。山下は15年の月9以来、フジの連続ドラマには出演していませんが、今回のことで新作出演はまた遠のくかもしれません」(前出・テレビ誌記者)

 フジテレビといえば、『プロポーズ大作戦』や『SUMMER NUDE』など、山下と長澤の共演作が多い。しかし今回の失態で、「再共演はTBSの『ドラゴン桜』で……」ということになるかもしれない⁉

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/29 07:30

山P&ガッキー共演はもうお預け!? ジャニーズがフジテレビに大激怒のワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

志村けん、プライベートの素顔

 昭和のテレビ界を席巻したザ・ドリフターズの...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(前編)

 YENTOWNが2020年で結成5年目を迎えた。東京を拠点に結成されたこのヒップホ...
写真