日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 菜々緖に清純派は無理だった!?

菜々緖に清純派は無理!? 『4分間のマリゴー』 大爆死で“悪女キャラ”に専念か

文=田中七男

菜々緒

 モデル、女優の菜々緖が初めて“清純派”のヒロインを務めた、2019年10月期のTBS系連続ドラマ『4分間のマリーゴールド』(福士蒼汰主演)が壮絶に大爆死した。

 同ドラマは注目度も高く、初回は10.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)と好発進した。ところが、第2話で7.8%と急降下。その後も6~7%台で低空飛行が続き、第6話では5.7%まで落ち込んだ。最終回(第10話)では9.2%まで引き上げたが、全話平均は7.5%にとどまった。

 17年7月期『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系)以来、約2年ぶりの連ドラ主演だった福士は、これで主演ドラマが3作連続で1ケタ台に終わり、当分脇役を余儀なくなりそうだ。

 同時に評価を下げたのは、ヒロインの菜々緖だ。これまで悪女役で自身の立ち位置を確立し、クールな役がほとんどだった菜々緖にとって、清純派の役は大いなる挑戦でもあった。このような役がこなせれば、当然役の幅も広がり、悪女キャラからの脱却も可能だからだ。しかし、視聴者の評価はシビアで、ネット上でも「ミスキャストで菜々緖に清純派は向かない。違和感があった」といった声が大半。結果的にこうした違和感が視聴率にも響いたようだった。

「こうなると、テレビ局側も菜々緖に清純派役でのオファーは当面控えるでしょう。やはり菜々緖の最大のハマリ役は悪女キャラ。それがハッキリしたという意味では、清純派へのチャレンジも無駄ではなかったのかもしれません。今後は自分の長所を伸ばしていくしかないでしょう」(テレビ誌記者)

 この際、菜々緖は割り切って、自身の存在価値を高めていく方が賢明なのかもしれない。悪女キャラの封印を解くのが、ドラマファンも望んでいることなのだろう。

最終更新:2019/12/31 21:00

菜々緖に清純派は無理!? 『4分間のマリゴー』 大爆死で“悪女キャラ”に専念かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

櫻井翔、目撃された無防備な姿

今週の注目記事・第1位「櫻井翔(37)『元ミ...…
写真
インタビュー

“バズる学生芸人”に聞く

 今、お笑い第7世代といわれる人たちを中心にお笑いブームが盛り上がる中、それに伴い「...
写真