日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 桝田絵理奈、谷間見せハプニング

これは放送事故!? 枡田絵理奈アナ、生放送中の“Eカップ谷間見せ”ハプニングに視聴者騒然

文=日刊サイゾー

インスタグラム:枡田絵理奈(@masuda_erina.official)より

 今年は、その武器をふんだんに活用してもらいたいものだ。

 12月30日に生放送された『クイズ☆正解は一年後』(TBS系)にて、MCを務めた元TBSアナの枡田絵理奈にハプニングが発生。視聴者がクギ付けになる場面があったという。

「番組中盤のことです。枡田はインナーのキャミソールが透けたピンク色のセーターを着ていたのですが、胸元のピンマイクがキャミに引っかかり、徐々に下にズレ落ちていく事態に。スケスケのセーターから胸の谷間が見える状態がかなり長い間続きました。CM明けに戻されていましたが、またしばらくするとズレだし、視聴者は騒然。胸元が気になって放送内容が頭に入らない状況になっていました」(テレビ誌ライター)

 枡田は推定Eカップで、局アナ時代からその隠れ巨乳ぶりは有名。そのため、ネット上でも「めっちゃ見えてる!」「枡田絵理奈のコレはリアルパイ間か?」「これは嬉しい放送事故」「マスパンの谷間エグイ!」といった歓喜の声が噴出することとなった。

 そんな枡田はかつて、後輩アナに対し、胸の谷間について注意を促していたこともあったという。

「同じく巨乳で知られる宇垣美里が、『あさチャン!』で深々とおじぎをした際に谷間が映ってしまい、このことで枡田から注意を受けたそうです。巨乳は男性の支持を得られる一方、女性には下品と映ることもある。それを知っている枡田は、『胸の大きさは隠さなくてもいいけど、谷間は見せないように』と指導し、宇垣はそれを手帳にメモしていたそうですよ」(テレビ関係者)

 枡田は2014年にプロ野球・広島東洋カープの堂林翔太と結婚。しかし夫の成績が振るわず、戦力外通告されてもおかしくない状況とあって、最近は再びメディア露出を増やしている。

「TBS時代からラジオ番組では『おちんちん』『包茎』といったワードを堂々と口にしていましたが、フリー後は『下ネタも平気なので使ってください!』と各局の番組スタッフに直談判をしているといいます。今回、後輩を諭した谷間見せを長時間続けていたのも、3人の子どもを育てるためなら何でもやる、というアピールだったのかもしれませんね」(前出・テレビ関係者)

 “人妻巨乳アナ”として覚醒した枡田の露出が増えるのは大歓迎だ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/01/07 17:20

これは放送事故!? 枡田絵理奈アナ、生放送中の“Eカップ谷間見せ”ハプニングに視聴者騒然のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

櫻井翔、目撃された無防備な姿

今週の注目記事・第1位「櫻井翔(37)『元ミ...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が語る「殺害予告」の真実

 日本人最多とされる殺害予告を受け、6年以上に渡って誹謗中傷を受け続ける「炎上弁護士」...
写真