日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ローラのテレビ出演減るきっかけ

ローラのYouTuberデビューで再注目!? テレビ出演が激減する契機になった“2つの衝撃事件”

文=日刊サイゾー

ローラ

 モデルでタレントのローラが7日にインスタグラムを更新し、8日からYouTubeで自身のチャンネルをスタートさせることを発表した。

 ローラは、「みんなに発表があります。実はあしたからYouTubeを始めることにしたの」と報告。配信する動画の内容について、「写真や文字だけじゃなく、動画でいろいろな事をつたえたり表現ができたらいいなって」と説明した。

「以前に比べてテレビ出演が激減したローラ。しかし、CMは以前と変わらぬようにこなしているし、インスタグラムは500万人、ツイッターは425万人のフォロワーを抱え、インフルエンサーとしてのビジネスだけで大儲け。SNSでの稼ぎがあまりにも美味しいので、ついにYouTubeデビューを決めたのでしょう」(スポーツ紙記者)

 その美貌とスタイルでファッション誌の読者モデルから成り上がり、2010年ごろからはバラエティー番組での「タメ口キャラ」でブレークし、一躍売れっ子に。

 2016年には、チョイ役ながら人気映画シリーズの『バイオハザード:ザ・ファイナル』に出演し、女優としてハリウッドデビュー。しかし、17年に所属事務所との契約トラブルが発覚。翌年に和解したものの、テレビ出演は激減してしまった。その原因は2つの衝撃的な“事件”だったという。

「ブレークしていた12年、フジテレビ系の『27時間テレビ』に生出演。その際、巨大熱湯風呂に落ち、共演者たちは熱がっているのに、なんとローラは涼しい顔ですいすい泳いであがってしまった。まず、あの“事件”で生放送では使えないことを露呈。そして、14年に父親が保険金詐欺で逮捕された際、勾留先の前に集まった報道陣に対し、父親がローラの当時の決めポーズだった『オッケー!』を能天気な笑顔で披露。以降、ローラは『オッケー!』を使えなくなったばかりか、稼いでいるのに身内が事件を起こしたことで一気に心証が悪くなってしまいました」(テレビ局関係者)

 とはいえ、テレビに出なくてもネットビジネスで十分稼げるだけに、ローラ本人からしたら「全然オッケー」だろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/01/09 10:30

ローラのYouTuberデビューで再注目!? テレビ出演が激減する契機になった“2つの衝撃事件”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

「セカンドの7番」論と“ダウンタウン病”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

団地発ラップのGREEN KIDS

――2018年12月、いわゆる改正入管法が成立したわけだが、今、日本で働く外国人の環...
写真