日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 阪急うめだ本店が誤表記で炎上!

阪急うめだ本店が台湾の人気チョコを「中国」と表記し大炎上!

文=佐久間賢三(さくま・けんぞう)

阪急百貨店  阪急うめだ本店のインスタグラムより

デパートや百貨店では早くもバレンタイン商戦が始まっているが、最近は「Bean to bar」と呼ばれる、小規模メーカーやショップがカカオ豆からチョコレートにするまでを自社で行う、こだわりの高級本格チョコが注目を集めている。

 そんななか、阪急うめだ本店が1月3日、Facebookの公式ページに22日から始まるフェア「バレンタインチョコレート博覧会2020」を告知した際、台湾のメーカーのチョコを「中国」と表記してしまい、年始早々、台湾を中心にネット上で大騒ぎになるという出来事が起こった。

 この商品は台湾最南端の屏東県にある「Bean to bar」メーカー「福湾巧克力(フー・ワン・チョコレート)」のもので、チョコレートの世界的な品評会「インターナショナル・チョコレート・アワード2019」では金賞5個、銀賞19個、銅賞4個も獲得している。

 そんな名誉あるチョコレートに対する愚行だとばかりに、すぐさまコメント欄には「台湾は中国の一部分ではない」「阪急百貨店は中国資本になったのか? すぐさま台湾に謝罪しろ」「日本人として台湾の皆様におわびいたします」「台湾人をなめるなよ」「デパートの営業時間に抗議の電話をかけよう」などといったコメントが並んで大炎上。台湾のニュースでも大きく取り上げられた。

 Facebook上で大騒ぎになったのを受け、うめだ本店は翌朝、Facebook上に訂正とお詫びのメッセージを出した。

 台湾には親日家が多いことで知られているが、こと「中国」に関する話題になると、いくらチョコレートとはいえ、決して“甘く”はないようだ。

佐久間賢三(さくま・けんぞう)

佐久間賢三(さくま・けんぞう)

前職の関係で10年近く中国で生活し、その後フリーライターに。得意分野は中国のおバカネタ、エロネタ。

最終更新:2020/01/14 18:00
関連キーワード

阪急うめだ本店が台湾の人気チョコを「中国」と表記し大炎上!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

からし蓮根がたどり着いた熊本弁漫才

2画面左からボケの伊織とツッコミの杉本青空(撮影=荒熊流星)  ついに明日、今年のNo....
写真