日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 吉高由里子、ドラマ低迷でピンチ

吉高由里子が崖っぷち!? 主演ドラマ『知らなくていいコト』も低迷で“主役級女優”から転落へ

文=田中七男

吉高由里子

 吉高由里子が主演する日本テレビ系連続ドラマ『知らなくていいコト』(水曜午後10時~)が苦戦を強いられている。初回(8日)視聴率は9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)で発進したが、第2話(15日)は8.9%と0.5ポイント下げてしまった。

 同ドラマの主人公・真壁ケイト(吉高)は数々のスクープを連発する「週刊スクープ」の敏腕記者で、仕事も恋も絶好調の毎日を送っていた。そんな折、シングルマザーとして、彼女を育てた母・杏南(秋吉久美子)が急死。母は最期の言葉で、ケイトの父がハリウッドスターのキアヌ・リーブスだと告げる。しかし、母の遺品から、ケイトの父は、かつて世間を騒がせた殺人犯の乃十阿徹(小林薫)である可能性が高いとわかってしまう。自身の出生のナゾと父の秘密に迫るとき、人生最大の「知らなくていいコト」にぶち当たったケイトは、その人生が大きく狂わされてしまうというストーリー。

 初回では、ケイトが会社の同僚で、今カレ・野中春樹(ジャニーズWEST・重岡大毅)からプロポーズされるも、父親が殺人犯と聞いて、あっさり取り消してしまうという急展開。第2話では元カレの動物カメラマン・尾高由一郎(柄本佑)が、母親からケイトの父親が殺人犯だと聞かされていながらもプロポーズしてくれたことがわかり、ケイトと尾高と再度接近し始める。吉高の前回主演作『わたし、定時で帰ります。』(昨年4月期、TBS系)でも、今カレと元カレとの三角関係が描かれていたが、今作もまた似たような恋愛模様になってきた。

 吉高はヒロインを務めた、2014年前期のNHK連続テレビ小説『花子とアン』が平均22.6%の高視聴率をマークし、“主役級女優”に昇格。17年1月期に主演した『東京タラレバ娘』(日テレ系)も、平均11.4%と2ケタに乗せた。

 だが、その後続かず。18年4月期『正義のセ』(同)は9.8%、『定時で帰ります。』も9.7%で、主演ドラマが2作連続1ケタ台に終わってしまい、その株は急降下。もはや“崖っぷち”に立たされてしまった吉高にとって、今作がヒットするかコケてしまうかは大きな分岐点となりそうだ。

「テレビ業界では、主演ドラマが2作続いて不振だったら、“主役級”から落とされてしまうのが一般的。それでも、吉高は今作でも主演をまかされましたが、これもコケたら3作連続となり、いよいよ“主役級”からの転落は濃厚。初回より第2話で数字を落とすというのは、早々に脱落した視聴者が多いわけです。ここから挽回して2ケタに乗せるのは至難のワザではないでしょうか」(テレビ誌記者)

 とはいえ、ドラマはまだ始まったばかり。脚本は『家売るオンナ』シリーズ(日テレ系)、『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)などのヒット作を手掛けた大石静氏が担当しているだけに、この先の巻き返しを期待したいものだ。

 

最終更新:2020/01/18 10:00

吉高由里子が崖っぷち!? 主演ドラマ『知らなくていいコト』も低迷で“主役級女優”から転落へのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

「セカンドの7番」論と“ダウンタウン病”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

人口流出の自治体がみるべき現実

 いま日本各地で注目を浴びる「地方創生」。2020年からは、政府が策定する「まち・ひ...
写真