日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 松下奈緒『アライブ』が大爆死

がんをテーマはキツイ!? 松下奈緒『アライブ』が大爆死「方向性の迷い」で視聴者が早々脱落

文=日刊サイゾー

松下奈緒

 “私、失敗しないので”とはいかなかったようだ。

 1月16日放送の松下奈緒主演のドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』(フジテレビ系)第2話の平均視聴率が7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。初回の8.4%から0.7ポイントダウンとなった。

「米倉涼子主演の大ヒットドラマ『ドクターX』(テレビ朝日系)にあやかろうとしたのか、1月期には6本もの医療ドラマが乱立しています。中でも、『アライブ』は国内のテレビドラマとして初めて腫瘍内科を舞台にし、リアルながん治療の現状を取り扱う医療ドラマとして注目を浴びていました。第1話の終了後には『良質なドラマ』との声も上がっていましたが、『親をがんで亡くしているので見るのがツラい』『ドラマは現実忘れるために見たいので、がんのことなんか考えたくない』などと、やはり重い病と向き合いたくないという声が圧倒的。そうした人たちが1話で脱落したのでしょう」(テレビ誌ライター)

 一方、制作サイドにも迷いが見られるという。

「第1話の終盤近くまで、1話完結の地味で丁寧な医療ドラマという感じでしたが、いきなり松下とコンビを組む木村佳乃の医療ミスを隠蔽するサスペンス仕立ての展開となりました。これで視聴者は一気に安っぽい印象を持ってしまった。地味な医療ドラマを好む層とミステリーを好む層との折り合いで、どっちつかずのガッカリドラマになりそうな雲行きです」(前出・テレビ誌ライター)

 がんを「ドラマ」というエンターテインメントとして扱うのは、やはり難しいものがあるようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/01/20 12:00

がんをテーマはキツイ!? 松下奈緒『アライブ』が大爆死「方向性の迷い」で視聴者が早々脱落のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

松田聖子、3度目の離婚も?

 世界各地で、新型コロナウイルスの感染拡大に...…
写真
インタビュー

『i 新聞記者』森達也がぶっちゃけ

 国境なき記者団が発表する世界180カ国・地域を対象とした「報道の自由度ランキング」...
写真