日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 松下奈緒の新ドラマに唯一の希望

松下奈緒の1月ドラマ『アライブ』開始前から“爆死”濃厚も唯一の希望は…⁉

文=日刊サイゾー

松下奈緒

 始まる前から「爆死濃厚」の声が強まっている。

 2020年1月9日からスタートする松下奈緒主演のドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』(フジテレビ系)のことだ。

 “木10”枠で放送される同作は、脚本家・倉光泰子氏が手掛けるオリジナルドラマで、腫瘍内科というがんに特化した診療科を舞台に松下演じる腫瘍内科と、木村佳乃演じる消化器外科医がバディを組むという内容。

「木10は前クールの新木優子主演『モトカレマニア』は平均視聴率4.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と大コケ。さらに、1月期には伊藤英明主演の救命救急モノ『病室で念仏を唱えないでください』(TBS系)、天海祐希が脳外科医に扮する『トップナイフ―天才脳外科医の条件―』(日本テレビ系)、小泉孝太郎主演の『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』(テレビ東京系)、上白石萌音と佐藤健のダブル主演で病院を舞台にした『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)など、医療ものや病院を舞台にしたドラマのオンパレード。松下の連ドラ主演は16年の『早子先生、結婚するって本当ですか?』(フジテレビ系)以来ですが、こちらも平均視聴率5.6%と散々でした。女優としては旬の過ぎた松下にチャンネルを合わせる人がどれだけいるのか疑問です」(テレビ誌ライター)

 そんな『アライブ』で“唯一の希望”と言われているのが、完全オリジナル作品であることだ。

「脚本家の倉光氏といえば、福山雅治主演の『ラヴソング』、竹内結子主演の『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』と担当したフジテレビのドラマがいずれも爆死しており、何が何でも結果を出したいはず。彼女は好きな作家に谷崎潤一郎を挙げており、その谷崎は“女王様”的ヒロインを理想の女性とし、マゾヒズムに満ちた名作を数多く世に出している。まともにやってコケるくらいなら、松下と木村による百合展開でも期待したいところです」(前出・テレビ誌ライター)

 松下、倉光氏はドラマ界に生還できるか正念場になりそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/01/01 10:00

松下奈緒の1月ドラマ『アライブ』開始前から“爆死”濃厚も唯一の希望は…⁉のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

完全終了!? テレ朝『報ステ』

 テレビ朝日が、夜の看板報道番組『報道ステー...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

 洋画や洋楽でおなじみな「F××k」に代表されるスラング。くだけた表現では「F××k...
写真