日刊サイゾー トップ > インタビュー  > アンタッチャブル柴田が語る漫才
若手芸人発掘イベント『超ワロタwwww』DVD発売記念インタビュー

アンタッチャブル柴田「漫才やりたい欲は一生消えない」 最強のツッコミが語るお笑いと“変わらぬ山崎の肩の安定感”

文=鈴木工(すずき・たくみ)

撮影/石田寛(以下同)

 お笑い第7世代と呼ばれる若手芸人たちが次々と登場する今、「ブレイク前夜」の闇の中に潜んでいる次世代お笑い芸人に、強すぎる光を当てるライブ企画『ワロタwwww』(コンテンツリーグ)が満を持して帰ってきた!

 MCは前回と同じく、研ぎ澄まされたツッコミで若手をぶった切っては輝かせる、アンタッチャブル・柴田英嗣である。最近、何かと注目される男が語る「若手」、そして「ツッコミ」とは――?

◇ ◇ ◇

――『超ワロタwwww』、見ました。前回の『ワロタwwww』から4年ぶりですね。

柴田 前回も本当面白かったんですよ。前作出演者の中からスターも結構な数、出たじゃないですか。永野、平野ノラちゃん、サンシャイン池崎……。今回も出てくるんじゃないかと思うと楽しみですね。

――今回、スターが出てくる予感ありました?

柴田 全員ありますよ。みんな飛び道具だから、何かのタイミングで一気にハネる可能性がある。タイミングだけだと思います。

――今回、ツボに入った芸人さんはいました?

柴田 Yes!アキトかな。素晴らしいトップバッターだったね。

――こないだ早速『さんまのお笑い向上委員会』フジテレビ系)に出てました。

柴田 もう来てるんだ! あと事務所(人力舎)の後輩ですけど、しんぷる内藤。内側に秘めたるくだらなさ、エロさが表に出てくると面白い。「カラスに乗って」の歌、好きなんです。頭から離れない。CDを出してほしいぐらい。

『しんぷる内藤 – Simple Naitou』YouTubeチャンネルより)

――尾田栄一郎さんが「ジャンプ」(集英社)の巻末コメントで、「カラスに乗って」を「革命軍のテーマにしたい」と褒めてたみたいですね。

柴田 えっ、そうなの!? まさかしんぷる内藤がこんなに早く注目されるとは思わなかったです(笑)。

――『ワロタ』に出てくるのは、いわゆるキワモノ系の芸人さんばかりですけど、ずっと見てられるのはどうしてなんでしょうね?

柴田 「そういう人たちだ」という目線で見てるからじゃないですか?(笑) 会場のお客さんも「普段とは違うお笑いを見る」というスイッチが入っていたような……。ここに和牛みたいな正統派漫才師が出たら、笑いは一番取るだろうけど印象に残るのは彼らでしょうねえ。ウルトラマンがたくさんいる中に怪獣1匹だと違和感あるじゃないですか。でもここには怪獣しかいない。これを見られるのは感謝の一言ですよ。

――まだ見ぬ若手はまだまだいるんだ、という印象も受けました。

柴田 ただ若手といっても、はぐれ超人なんて僕と年齢そんなに変わらないでしょ? ワンワンニャンニャンも、たぶん芸歴同じぐらいじゃないですか。こういうところに出てくる芸人は隠れ先輩や隠れ年上がいるんで、気をつけないといけない(笑)。

――柴田さんの若手の頃と今では状況違います?

柴田 全然違います。僕たちは養成所で先生から基本を習う文化があったんですよね。だから当時は正統派のコントや漫才が多かった。言い方悪いけど、菓子めたる、あぁ~しらきみたいな気持ち悪いヤツはいなかったんですよ(笑)。ネプチューンでさえ、当時は突飛だと言われてましたから。それが今はいろんな角度があるし、いろんなタイプの芸人が見れるようになりましたね。むしろ売れるのはこの手のタイプほうが早いかもしれない。まずはきっかけとしての飛び道具というか。売れてから実力継続できれば、生き残れるでしょうし。

――柴田さんは若手にアドバイスしたりします?

柴田 全然! 扱えるタマじゃないですよ。Yes!アキトやしんぷる内藤みたいなネタ、自分には絶対作れないし、アモーンの最強漫才に何か言うのもおこがましい。ビューティー4姉妹に関しては、僕が入るスキマなんて全くない(笑)。みんな僕にはない感性を持ってるから、僕と違う方向で世に出ていくんでしょうし、先輩のマネするとその先輩には勝てないから、アドバイスを聞かないで伸びていくほうがいいんじゃないですかね。

――面白い芸人は続ければいつか売れるんでしょうか?

柴田 売れてなくても面白い芸人はいるんで、100%じゃないと思います。でも、どこかで結果は残すでしょうね。(ハリウッド)ザコシショウとかそうじゃないですか? 実は中学の先輩で、昔から面白かったですし。バイきんぐの小峠だってそうですよね。「なんて日だ!」一発で売れましたから。そういう意味では、キラーワードが必要なのかもしれないです。

1234

アンタッチャブル柴田「漫才やりたい欲は一生消えない」 最強のツッコミが語るお笑いと“変わらぬ山崎の肩の安定感”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

人種差別横行のハリウッドに変化

 ロブ・シュナイダーのスタンダップコメディ・...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真