日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > AKB・坂道系  > 峯岸みなみ、欅坂に言及も藪蛇?

峯岸みなみ、欅坂46・平手友梨奈の“脱退”に言及で物議「配慮足りない」「嫌味?妬み?」

峯岸みなみ

 AKB48の峯岸みなみが“公式ライバル”である坂道シリーズ・欅坂46のメンバーについて言及し、話題になっている。

 欅坂46は23日、メンバーの平手友梨奈の脱退、織田奈那、鈴本美愉の卒業、佐藤詩織の休業を発表し、さまざまな芸能人が言及するほど話題となっている。

 そんな中、自身もグループからの卒業が決まっている峯岸は同日にツイッターを更新し、具体的に欅坂メンバーのニュースには触れずに、「脱退と卒業、表現の差になにか感じた方がいいの…?」とツイート。ファンを始め、多くの人が疑問を抱いている平手の「脱退」についてあえて言及した。

 このツイートに峯岸のファンからは、「何か感じた方が良さそうな違いだよね…」「むしろ現役アイドルのみいちゃんにこの表現の差を教えて欲しい」「この表現は本人の意思らしいので今はてちを信じるしかないと思います!」などさまざまな意見が集まっていたが、一方ネット上では、「『なにか感じた方がいいの?』って上から目線に感じる…」「姉妹グループのメンバーの意思や考えに対していちいち意見し発信するって配慮足りないよね」「いや、あなたは発言しなくて良いんじゃないですか?何にも感じる必要はないと思う」「嫌味?妬み?」といった、思わぬ厳しい声が寄せられていた。

 平手の口から“脱退”になった理由が説明されていない以上、ファンは推測するしかないが、ファンよりもグループや運営により近い峯岸が言及したことで苦言が集まってしまったようだ。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2020/01/25 18:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed