日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > AKB・坂道系  > 平手は欅坂46にいたかった?

メンバーのブログで判明!? 平手友梨奈は欅坂46を“脱退”したくなかった?

平手友梨奈はサジを投げられ、欅坂46を抜けるしかなかった?

「齋藤は平手の脱退は前もって聞いていたといい、『もっと色々なことに一緒に挑戦したかった、平手の頭の中にあったやりたいことを全て叶えたかった』と綴っています。つまり、平手自身はまだ欅坂にいたかったと受け取れ、9thシングルが発売延期になっていたことと、ラジオでの涙から、運営と何かしら揉めてたと感じた人も多いようです。とはいえ、事務所を変えずにソロデビューするのであれば、“方向性の違い”という線が強そう。彼女自身が“1人でやりたい”と直訴したわけではなく、“1人で勝手にやりたいようにやれ”とサジを投げられ、仕方なく抜けるしかなかったのではないか」(アイドル誌編集者)

 ネット上では「そっか、本当はまだまだ頭に描いてたことあったけどそれが叶わなかったんだと、涙出てきた」「てちはまだまだ、欅で叶えたいことがあったのに脱退したのか…」「何もかも知ってて、紅白やってたと思うとエモさが増す」と、しんみりムードに。

 ともあれ、齋藤のブログでは「ちょうど今、キャプテン菅井(友香)からとにかく気合いの入った文章が送られてきたので、もちろん、私もやる気まんまんです!!」とあり、新生・欅坂46がどんな進化を見せるのか楽しみだ。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2020/01/26 17:31
12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed