日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 東出昌大、不倫の後始末は茨の道

杏の怒り次第!? 東出昌大&唐田えりか、“3年不倫”の後始末は慰謝料と賠償金で茨の道に

文=日刊サイゾー

ユマニテ公式サイトより

 女優の唐田えりかとの不倫が原因で、妻で女優の杏との別居を「週刊文春」(文藝春秋/1月30日号)で報じられた俳優の東出昌大だが、出演するサンスターのCM「デンタルブラシG・U・M」について、同社は27日、「今後、CMのオンエア予定はありません」とコメント。打ち切りが決定したことを一部スポーツ紙が報じた。

 東出をめぐっては、不倫発覚前に4社のCMに出演。不倫が発覚するや、全社が公式サイトからCM動画を削除、降板させられる可能性が濃厚に。また、桐谷健太とW主演するテレビ朝日系のドラマ『ケイジとケンジ~所轄と地検の24時~』に関しても、今後の展開によってはスポンサー各社がCMを引き上げる事態に発展することもありそうだ。

「CMは自己都合の降板ではないので、違約金が発生するだろう。ドラマもCMが減ると制作費に回せなくなるので、その分の補塡が必要。いずれにせよ、億単位の支払いが生じるはずです」(広告代理店関係者)

 これまで、不祥事を起こしてCMやドラマを降板したタレントたちの例を見ると、大手事務所に所属していた場合、一度、事務所が違約金などを肩代わりして支払い、その金額をタレントに貸し付けるというケースが多々あった。しかし、東出の場合、それも難しいようだ。

12

杏の怒り次第!? 東出昌大&唐田えりか、“3年不倫”の後始末は慰謝料と賠償金で茨の道にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

日本社会を縛る“世間様”の圧力

 ふとしたときに「世間様っていうのはおっかね...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(1)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真