日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 桐谷健太、東出昌大を“共演NG”か

桐谷健太、“民放連ドラ初主演”も踏んだり蹴ったりで不倫騒動の東出昌大を「共演NG」か

文=田中七男

桐谷健太

 俳優・東出昌大が妻・杏を裏切って、若手女優・唐田えりかとの不倫に走っていたことが明らかになり、関係各所に迷惑がかかってしまっているが、桐谷健太も“被害者”の一人だ。

 桐谷は16日に放送開始した連続ドラマ『ケイジとケンジ~所轄と地検の24時~』(テレビ朝日系、木曜午後9時~)で東出とダブル主演を務めており、今回の不倫騒動で大きな迷惑を被っている。

 同ドラマは初回視聴率12.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)と好発進したものの、東出の不倫発覚により、視聴ボイコットが相次いだこともあり、第2話(23日)では9.7%と急降下。「東出を見たくない」という視聴者も多く、今後視聴率が上向くとは考えがたい。

「視聴者の中でも特に女性層の反発は深刻で、『ケイジとケンジ』には強い逆風が吹いていますから事態は深刻。撮影は続いていますが、CMスポンサーの撤退も出てくるでしょうから、早期打ち切りは不可避。今後の撮影分に関しては、ダブル主演ながら、東出の出演シーンを減らすことも検討されているようで、そうなると脚本家(福田靖氏)もいい迷惑です。もはやいい作品をつくることより、最終回までドラマを成立させることの方が優先となるでしょうね」(テレビ制作関係者)

12

桐谷健太、“民放連ドラ初主演”も踏んだり蹴ったりで不倫騒動の東出昌大を「共演NG」かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

セクハラ&パワハラ事件が映画化

 忠誠心を見せろ。全米最大のニュース専門チャ...…
写真
インタビュー

次世代コント「ゾフィー」の野望

「ネタの状況設定が本当に面白い。宝物みたいな設定」。コントのトップランナー・東京03...
写真