日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 女優の花道  > 唐田えりか、不倫で逆にチャンス!?
ドラマ評論家・成馬零一の「女優の花道」

不倫報道は逆にチャンス!? 唐田えりか、女優としてのホントの実力

文=成馬零一(なりま・れいいち)

唐田エリカ公式サイトより(現在は削除)

 俳優・東出昌大との不倫が報じられて以来、女優・唐田えりかをめぐる状況が激変している。

 唐田は現在出演中のドラマ『病院で念仏を唱えないでください』(TBS系)を事実上降板し、公式サイトやインスタグラムを削除。放送予定だったテレビ東京系の主演ドラマがお蔵入りになる可能性も出てきている。

 まさに一寸先は闇という状況だが、すでに各所で報じられている通り、2人が2018年に共演した映画『寝ても覚めても』を観ると、あきれさせられつつも納得してしまう。それくらい、劇中の2人はラブラブだった。

 唐田は高校2年の時にアルバイト先のマザー牧場で、芸能事務所・フラームのマネジャーにスカウトされ、韓国のアイドルグループ・少女時代の「DIVINE(Story ver.)」のMVや、ソニー損保保険のCMに出演して注目された。

 女優としてはテレビドラマ『恋仲』(フジテレビ系)でデビュー後、『こえ恋』(テレビ東京系)、『トドメの接吻』(日本テレビ系)といったドラマに出演。当時は黒目がちの瞳が印象に残る素朴な美少女という感じで、清純派といえば聞こえがいいが、ブレイクするには決定打に欠ける薄味の女優という印象だった。

 そんな薄味感が逆に唯一無二の武器となり、大きく飛躍することになったのが、東出と共演した映画『寝ても覚めても』だ。

 本作で唐田が演じたのは、大阪で暮らす、朝子という平凡な女性。朝子は東出演じるミステリアスな男・麦(ばく)と付き合い幸せな日々を過ごすが、麦は突然、行方不明に。それから2年ほどたち、東京へ引っ越し、カフェで働く朝子は、麦にそっくりな会社員・亮平(東出が一人二役)と出会う。やがて2人は付き合うようになるが、そんな朝子の前に、人気芸能人となった麦が再び姿を表す――。

 物語は麦と亮平の間で揺れ動く朝子の心情を描くのだが、恋愛劇よりも、唐田と東出がイチャイチャしている姿を延々と見せられているという印象が強い(そもそも恋敵が2人とも東出なので、三角関係とは言い難いが)。

 台詞が棒読みで大根役者といわれがちな東出だが、それは他の俳優が(特にテレビドラマにおいては)説明過多なオーバーアクションの芝居をするからで、本作のような日常を淡々と見せるタイプの作品だと、とても魅力的に映る。同時に東出の棒読み感は、本作の麦のような神出鬼没のイケメンキャラ(彼が亮平の前に現れ、朝子を連れ去る場面は、まるで幽霊かドッペルゲンガーのようである)を演じると、東出の中にある何を考えているかわからない虚無感がこれ以上なく極まる。

 劇中で、モデル出身の麦が俳優としてNHK朝ドラに出演したことがきっかけで、主婦層を中心に(人気に)火がついたと語られるのだが、これは東出が朝ドラの『あまちゃん』や『ごちそうさん』に出演した経歴を取り込んだものだ。おそらく、本作は演じる役と役者の個性が、極力重なるように作られていたのだろう。

12

不倫報道は逆にチャンス!? 唐田えりか、女優としてのホントの実力のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

海老蔵、梨園での孤立ぶり際立つ

 13代目・市川團十郎白猿襲名公演の開催が延...…
写真
インタビュー

トンツカタン森本、若手No.1 MCの呼び声

 東京のお笑いライブシーンで、MCとして絶大な信頼を集める若手芸人がいる。人力舎のコ...
写真